あんちゃんのペース☆

昨晩、突然。

はっくん「おなかいたいー!!」「げぼでるー!!!」


と吐きました( ꒪⌓꒪)


ひょえー( ꒪⌓꒪)突然すぎ。
必死でゴミ箱で受けましたが。
パジャマやらがやや汚れ、お着替えしながら…

(え、まさかのノロ?夕食のお肉焼き足りんかったんかな?)とママの頭はフル回転。

一回吐いたら、けろっとして寝たので元気そうやん~と安心してたら、その後二回ほど起きて吐きました(T_T)

おなかいたい~!!あ~うぇ~!!とのたうちまわってかわいそうなくらいでした(T_T)

この大騒ぎでこっちゃんも起きちゃうし(T_T)

はっくんとママは一階の小上がりで寝ることにして、あんちゃんはトリクロ入れたから朝まで寝るとして、パパにこっちゃん任せて、ママは必死で看病。

「ママ、せなかなぜなぜして。はやいはやい!もっとゆっくりやさしくなぜなぜして。」と可愛く頼まれ、必死でさすりながら、寝かせて、ゲロの始末して…

とにかく2次被害を最小限にしなくては!と、ハイター液に使い捨てのキッチンダスター浸して、ゲロしたゴミ箱を洗ったあとハイターで拭きまくる。

はっくんが触ったであろう場所はクレベリンのスプレーで除菌。

はっくんが着替えたゲロのついたパジャマは別に袋にまとめとく。

小上がりにははっくんが寝る分しかなくて体にフィットするソファで寝てたけどほぼ寝られなかったー( ꒪⌓꒪)


しかし、愛息が体調不良だと眠気も吹っ飛び看病ができるんですよね。
夜中もシャキーンと起きてひたすらなぜなぜしました。


朝方には、吐き気も治って「ちょっとおなかいたい。」程度。

しかし、保育園はお休みして、あんちゃんこっちゃんはデイサービスに避難させてもらうことに…

朝突然頼んだのにありがたく二人見てくれました。


その間、ママは朝イチではっくんの着替えたパジャマやらシーツを持ってコインランドリーへ!

洗濯してる間にはっくんが食べられそうなゼリーやポカリやうどんなんかの買い出し。
ゴム手袋や消毒なんかも買い足し。

合間にあんちゃんのひまわりお休みの電話して。隣の診療所にこっちゃんの予防接種行く予定だったのもキャンセルして。


バタバタしてたら、昼前には「あ~カップラーメンたべたいわ。」と言うくらい回復してました(笑)


下痢はないものの、37.2度程度の微熱もあって珍しくお昼寝。

しんどかったねー。


「きのうなんでげぼでたんやろなー」とつぶやきながらダラダラ過ごしてました(^_^;)


夜には「おれダブルチーズバーガーたべたいくらいや!」と元気になってきました(笑)


はっくんがお昼ご飯食べてもゲロ吐かずに大丈夫やったし、迎えに行こうと思ったら、あんちゃんもこっちゃんも寝たりで結局1日お世話になってしまいました(^_^;)

じじとばばには感謝感謝です。
こっちゃんおんぶ紐でおんぶしながらあんちゃん前で抱っこしたりしてくれてました(^_^;)

デイと我が家と何回往復したやろ、て感じの1日でしたが、隔離できる環境、ほんとーーーにありがたいです。


インフルとは違って、ノロだったとしたら主に経口感染やから何も口から入れないあんちゃんは可能性が低い。
あんちゃんからははっくんに寄っていかないし。

問題は、あちこち歩き回るしはっくん大好きで寄って行っちゃうし、そのあちこち触りまくったおててで手づかみ食べするこっちゃん( ꒪⌓꒪)

確実に移るやろー(^_^;)


ということで、今日ははっくんとパパが一階、ママとあんちゃんが二階、こっちゃんはなんと母屋、と三人バラバラでねんねすることになりました!

こっちゃん歩くようになってから夜中起きまくる回数は減りつつあるのでゆっくり寝てくれるといいのですが。


ママはあんちゃんと二人っきりでイチャイチャしながら寝たいと思いまーす!


結局ノロやったんかなぁ~。
なんやったんやろなー。
「お肉焼き足りんかったんかなー。でもそのお肉ママも食べたしなー。ママ大丈夫やもんなー」とぶつぶつ考えてたら、パパに「あなたの胃腸は大丈夫やろ、強そうやもん(笑)」とバカにされました(笑)


とにかく元気になってくれて一安心です。

保育園の発表会まであと10日。
出席停止になるインフルだけは避けたいしー!
ピリピリ体調管理の毎日です( ꒪⌓꒪)




「みみがいたい~(T_T)」
と朝方泣いたはっくん。

あぁ、中耳炎かも( ꒪⌓꒪)
そんな鼻水出てなかったけどなー。

と思いつつ、保育園お休みして耳鼻科へ。

「しゃっくりすると痛いみたいです~!」と話すママ。

昭和の頑固親父みたいな先生に耳を見るなり「あぁこりゃ中耳炎だ。痛いやろうし聞こえにくいはずや」て言われました(T_T)

中耳炎やて~。はっくん初めての中耳炎。
熱はないんやけどな。
聞こえにくいとか聞いても言わないんやけど~(^_^;)


我が家の誰よりも早く咳をしだしたのははっくんなのでそもそも、RSのウイルスははっくんが持ち込んだんだろうくらいに思っていたママ。

それでも彼はやや鼻声なだけでピンピンしていたので、さすが5歳は強いわ!くらいに思っていたのですが…(^_^;)

ここにきて中耳炎。
分泌物増加させるRS、恐るべし~( ꒪⌓꒪)


あぁおみみいたいぃ~。
ママ、おみずぅ~。
きがえさせて~。

とのご要望にすべてお応えする召使いママ(^_^;)

あのさ、こっちゃんうるさいしにかいでねてくるわ。と一人で二階で珍しく昼寝してました(笑)



こっちゃんもまだお薬飲んでるし、(しかも二種類)はっくんには点耳の薬と水薬が処方され、ママは食後は服薬介助に忙しいです(笑)

「おみみのくすり、きもちわるい~」と嫌がりながらも頑張ったはっくんは1日経ったら「ほとんどいたくないわ!」と元気になりました(◍•ᴗ•◍)

よかった~♪( ´▽`)


なんやいろいろたいへんやな~。


あんちゃんにはっくんの中耳炎を報告(笑)

あんちゃんはほぼ元どおり、て感じやけど嫌いな左向きを甘んじて受け入れているあたり、まだ元気ないのかなーという感じです。

左向きで寝たし( ꒪⌓꒪)


先生も「もう酸素も点滴もなくて帰れるけど、お母さん今すぐ連れて帰って!ていうほど元気じゃないよなぁ」て言ってたし(^_^;)

連れて帰りたいけど、無理させてしまうのもなーという悩ましい感じなのでした(^_^;)

今日は、はっくんの保育参観でした!

はっくんの保育園での様子が見られるのはママは嬉しいですが、はっくんは明らかに緊張していました(笑)

今日の参観は、折り紙。

先生が前で見本を折るのを見て順番に折って行きます。



なんかよく見たらはっくんメソメソしてるし~( ꒪⌓꒪)
後から聞いたら、前に取りに行ったはずの折り紙がなくなって泣けたそうです(^_^;)

お友達の見たり先生に聞いたりしながら一生懸命折っていました。


その後ママたちはホールで講演会。

講演会が終わればはっくんと一緒に帰るんやけど、そこで持って帰ってきたのが、こちら!

廃材で作ったロボット達です!

こいつの名前は、おてつだいロボットの「ひーぼー」



これが、ケータイ電話の「ぴこたろう」



これが「おふね」



これ作るのめちゃ楽しかったらしく、毎日「なまえなー、ぴこたろうにしたわ!はやくもってかえってきたいなー!」と制作の話をたくさんしてくれていました。

家でも廃材探しまくってたし(笑)

こっちゃんに壊されるので二階に展示しています(^_^;)


そして昼からは個別懇談で先生と15分程度お話をして、おしまい。

「お歌も和太鼓もいつも一生懸命目をキラキラさせて頑張ってくれています」って言ってもらえたし、メンタル弱くて心配なことはいろいろあるけど、楽しく保育園に通ってあんちゃんこっちゃんに優しい今のままのはっくんでいてくれたら十分。


てつぼうこわい~て言ってみたり、じてんしゃのれんしゅうしないよ。てやる気なかったり、その辺ちゃんとしてほしいと欲を出せばキリないけど(笑)

やればできるのに、とじれったくもあるけどはっくんのやる気に合わせて練習に付き合ってあげたいと思います。


今日はばばのデイサービスが文化祭をしていたのでお昼はそこで食べられるカレーライスを食べに行きました!

よっぽど美味しかったのかはっくんおかわりしてたし(笑)


近所の方達も来られてて、賑わっていました。


あんちゃんもちょうどいたので近所のおばちゃんに見てもらえたり。
おばちゃんあんちゃん見て泣いてたけど。
「キレイな顔してやーる。いじらしくて泣けてくる。」って言って。

あんちゃんが生まれた時もこのおばちゃんとこのお嫁さんが一番にお祝いに来てあんちゃんを抱っこしてくれました。
鼻チューブしてたし、きっといろいろ思ってただろうけど、それから会う機会もなく多分おばちゃんは今日が初対面。

かわいそうとか、そーゆー哀れんだ涙ではなかったと思う。
抱っこしてたばばも泣いてるし(^_^;)

それみてママも泣きそうになって慌てて離れました(^_^;)

でも文化祭のおかげであんちゃんを近所の人に知ってもらえて、とてもいい機会だったと思います。


夕方はお買い物ついでにここで遊びたい~とはっくんにせがまれ1時間…( ꒪⌓꒪)


めっちゃ楽しそうでした(笑)


おれもたのしかったじぇ



で、あーっという間に1日おしまい。

このハードスケジュール、本当は仕事だったパパが休み変わってもらって一緒に動いてくれたのでこなせました。

あんちゃんも今日も緊張強い時間はあってピンピン問題が解決されたわけじゃないけど、パパに抱っこしてもらったり、久しぶりにパパも揃ってごはん食べたり、やっぱそれが一番やな~と改めて思いました。

今日は、はっくんの保育園の親子遠足でした!

行き先は動物園。

はっくんのお弁当のリクエストは「やきそば!」と「サワムラーのおにぎり!」

サワムラーってのは、ポケモンのキャラクター(^_^;)
難しすぎて顔だけのテキトーなお弁当なのに、はっくんは喜んでくれました♪(´ε` )



左の白いおにぎりがサワムラーね(^_^;)

今年もパパがお仕事休んで参加してくれたので、野菜嫌いなメンズ二人のために茶色いお弁当~(^_^;)
しかも、捨てられるように買った使い捨てのお弁当箱まで茶色かった(笑)

去年も、こっちゃんの産後だったのでパパが参加してくれました。
今年も休みはとってもらってたけど、あんちゃんこっちゃん見てるからママ行ったら?と言ってくれてたんですが。

はっくんから「パパがいい~!」とのご指名入りました(笑)

遠足だけじゃなく、園の掃除をする奉仕作業とか、お母さんたちがほとんど参加する行事にもパパは嫌な顔せず行ってくれます。

朝はっくんに「おい、パパ一人にせんといてくれよ!俺にははっくんしかいないんやからな!」とか言ってたけど(笑)

水筒忘れて出発の5分前に車ぶっ飛ばして集合場所まで持って行ったり、あんちゃんの面会前に朝からバッタバタでしたが、何とか送り出し、実母が来てくれたのでこっちゃん連れてあんちゃんの面会に出発できました。

今年はパパの同級生も同じように父子で参加してたので一緒に回ったりして楽しかったようです♪( ´▽`)
よかったよかった。


行事を全力で楽しむはっくん♪(´ε` )


お弁当もたくさん食べてくれました。


こんな乗り物もあったみたいで。


来年は、みんなで参加できたらいいなぁ。
と思いながらあんちゃんの面会に。


お椅子に座ってた~!



点滴も抜けて、酸素切っててもSPO2は95前後。
落ち着いてきて、もう帰れそう♪( ´▽`)


あんちゃん、DVDなんか見せてもらってました(笑)

こんなに早く酸素が取れて落ち着いたのは、排痰しまくってくれた看護師さんのおかげです。

見るのも辛いけど、やっぱり吸引しまくらないとあんちゃんはダメなんやなーと改めて思いました。

今回退院するときにカフアシストも一緒に持って帰れるし、おうち帰ってもまた入院ならないように排痰頑張らないとなー。

これからもずっとずっとずーっと吸引がなくなる日なんかあんちゃんに来ないんだと思うと心折れそうやったけど、生きてくためには必要なんだと改めて思い直したし、同じように頑張ってるお友達やそれを見てママと同じように感じているママさんがいるんだとコメントをもらってとっても励まされたので、また頑張ろうと思います。

あんちゃんの穏やかな笑顔を取り戻すために!




あんちゃんのお友達が遊びに来てくれました~♪( ´▽`)


普段はみんな保育園やら療育やらリハビリに忙しいので、久しぶりに遊べました。

普通の保育園児よりもリハビリや療育や受診がある分、障がい児は多忙なのです。

休日に遊びたいのは、兄弟児であるMちゃんのお姉ちゃんとはっくんとを遊ばせたいからなんやけど。

兄弟児同士の交流は意識して作らないとなかなか機会がないのです。

もう何回も遊んでいるのではっくんはYちゃんまだこないんかな~と楽しみに待っていたし、二階で二人でなんやらコソコソ楽しそうに遊んでました。

インドアなおとなし女子のYちゃんなのに、バリバリアウトドアなはっくんに誘われてお外でもたくさん遊んでくれました。
このくそ寒い日にホースから水出してまき散らして遊んでたし~(^_^;)

二人とも服びちょびちょで帰ってきました(笑)

天気予報で一番の冷え込みて言うてましたけど~( ꒪⌓꒪)


あんちゃんのことを抱っこしてくれるYちゃん。


Mちゃんにブーブーなる金の豚を鳴らして笑わせてあげるはっくん。


はっくんはあんちゃんの状態もはっきりと理解できてるわけじゃないくらいやから、Mちゃんにちょっと戸惑ってる感じもしたけど(^_^;)




二人とも、すごく優しい。
こうやって自然に兄弟児は優しくなって行くんだろうなと思います。

特別支援学校の教師である我が妹の旦那さんが研修で聞いてきたことを以前教えてくれたことがあります。

兄弟児は優しい子が多いんやけど、ずっと頑張ってきた分社会に出て鬱になる子が多い、と。

一番悩むのは小学生から中学生で、小学生の頃はお友達にお前の妹何でよだれたらしてるん?とか言われてもうまく説明できないし、中学生になると今日お前んち行っていい?ってなっても断る理由を考えるのもめんどくさいし、でも家に来てお前の妹ヤバイな、ってなっても嫌やし悩むんだそうです。


二人ともこのまま優しい子で育ってほしいと思うけど、この話の通りおそらくこういった試練は多かれ少なかれこの先あって、きっと優しい子ほど胸を痛めるんだろうなと思う。

そんな時、同じ状況で気持ちを分かり合える兄弟児のお友達がいたら心強いだろうな。

ママがそうだから。

同じ障がい児を育てるママとの出会いが癒しだし頑張る源になっています。

一年先に兄弟と同じ保育園への就園を実現したMちゃんのママと話していると、悩みや辛いこともたくさんあるけどママも頑張ろうと思えます。

もう療育やリハビリの先生か?っちゅーくらいあんちゃんの小さな小さな反応を拾ってほめてくれるMちゃんのママにママが癒されました♪( ´▽`)

Yちゃんのあんちゃんを抱っこしたいと思ってくれる気持ちも嬉しかった。
大人のほうがこわいって言って抱っこできなかったりするもんね。

Mちゃんが保育園の運動会でバギーに乗ってみんなとダンスしてる動画をはっくんが見せてもらいました。

Mちゃんすごいね、みんなと一緒に楽しそうに踊ってるなー!と話していると、「あんちゃんもこうやったらうんどうかいでられるな!」と言ってくれました。

何回説明しても「おおきくなったらあるけるやろ!」と言ってたはっくんがあんちゃんがみんなと違うことを理解し始めたのかもしれません。

「せんせいじゃなくて、はっくんが(あんちゃんのバギー)おしたいんやけどな。」
その気持ちがママにはとっても嬉しかったよ。


兄弟児同士の交流、なんて大そうなもんじゃなくていいから、お友達としてこれからもずっと仲良くしてほしいなーと思います!

もちろんママ同士も♪( ´▽`)