あんちゃんのペース☆

きょうのひまわりはおさんぽだって~♪( ´▽`)


と、帽子を準備しひまわり教室に意気揚々と出かけたんですが…


ひまわりについてからあんちゃんなぜか泣く泣く(T_T)

抱っこしてもらってもなく、ママがコーヒーカップという遊びで抱っこしながらくるくる回ったらもっと泣く( ꒪⌓꒪)

その後何しても泣いたあんちゃん。

おさんぽいく前に寝た(^_^;)

泣いた理由は
1.眠かった
2.発作
3.どこか痛かった
4.体調不良

3.以外全て当てはまりそうですが(^_^;)

右に引っ張られるのが増えだしたかも~と思いながら、お当番をするあんちゃんを後ろで見守っていました。


それでもちょっと寝たらお散歩に出発!!

ゴムつきの可愛い赤帽貸してもらった~♪( ´▽`)


変な顔しか撮れなかったけど(笑)



バギーでお外に出かけると、ピンピンのバタバタ発作もどきが出るので、バギーには乗れず宝の持ち腐れ(T_T)
先生に抱っこしてもらうというVIP待遇。

重たいのに~申し訳なさすぎです( ꒪⌓꒪)


あんちゃんたちの療育中、ママたちはママたちで親同士が話すんやけど、いつも臨床心理士の先生も一緒に話をします。

お友達のママさんが、今日言ってました。
「私はこの子に何かしてもらったら、いつもありがとうございます~も言うけど、申し訳ありません~とも言ってしまう。ある人に申し訳ありませんは言わないほうがいいって言われた。子どもが自分は申し訳ない存在なんだって思ってしまうよって。」と。

それを聞いた臨床心理士の先生も、「ほんとにその通りよ。どんなに医学が進歩しても病気とか障害とかって絶対になくならないんやから。それがたまたま自分の子達だったってだけやから。いばる必要はないけど、必要以上にへり下る必要もないと思う。誰かに遠慮してとか迷惑だからとかじゃなくこの子たちが笑って楽しく生きられる道を選んでほしい。」って言ってくれました。

臨床心理士の先生、涙ながらに話してくれた。

ちょうど眠くてくずってたこっちゃんをあやしながら、ママもバレないように涙を拭う(T_T)

お友達のママさんは、就学前で就学先を決めるのに悩む時期だし、ママもあんちゃんの就園で悩む時期。

普通学校なら迷惑なのかな、とか私立の保育園は迷惑なのかな、とかもちろん悩む。

あんちゃんが保育園に入ろうとするだけで、加配の保育士や看護師の配置や、健常な子よりいろんなサポートが必要になります。

あんちゃんのために、人や物やお金がたくさん動く。
それを当たり前だと主張するのはやっぱり違うんじゃないかと思う。

でも、臨床心理士の先生が言ってくださったように、親としてあんちゃんが笑って楽しく生きられるようにしてあげたいとも思う。

たった二年間今まで生きてきた中でもほんっとにたくさんの人からたくさんの優しさを受けてあんちゃんは生きてきました。

今日ママさんや先生たちと話して、これからは「すいません」じゃなく「ありがとうございます」をたくさん伝えていきたいなと思いました。

あんちゃんが今してもらっているサポート、たくさんの優しさを当たり前だと思わず感謝の気持ちを忘れず毎日暮らそう。

そんなことを、いい天気の中ひまわりからおうちまで運転しながら考えるのでした。

なんか、ちょっと疲れてたママの心が元気になったひまわり教室でした♪( ´▽`)


おれもひまわりいったじぇ!!…じゃましに(笑)







いつも応援ありがとうございます!!
↓ますますコアラをポチッと応援していただけると嬉しいです!

コメントもとっても嬉しいです!


にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村



人気ブログランキング 障がい児育児へ





スポンサーサイト
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/06/02(木) 10:11:18 | | # [ 編集 ]
こんにちは☆
あんちゃんの赤帽姿、可愛い~~(^^)

素敵な臨床心理士さんですね。
私も、ふたばの就園・就学を考える時期になり、ふたばの立場になって考えてみたり、受け入れる側のことを想像してみたりするんですが、
どうしても「大変な子(支援とか医療ケアとか)を受け入れてもらうことで、先生や他の子たち、保護者たちにとって迷惑なんじゃないか」という思いがのしかかってしまって、身動きの取れない気持ちになっていました。

それでも子どもたちはいつかは社会に出ていくんだし、それをいつの時期にするのか、できるのか、っていうことをしっかり考えないといけないんですよね。

でも、今回の記事を読んで、確かにいろいろなサポートを当たり前のように望むのは違うのだけど、わが子がハッピーに生きられる道を選んでいいんだなって、励まされました。

そしていつも「ありがとう」の気持ちを持つこと、それを言葉にして伝えることは、
どんな場面でも大事なんだなって思いました。
前に進む力をもらえました。
素敵な記事を、はくじゅさん、ありがとう。

「すみません」って言っているときよりも、「ありがとう」と言っているときのほうが、きっといい表情だし。子どももちゃんと、そういうの感じてますもんね!



長女が学校で歌っていた「ありがとうの花」っていう曲が好きなんです。

ありがとうって言ったら みんなが笑ってる
その顔が嬉しくて何度もありがとう

こんな歌詞です。知ってるかなぁ。
あらためてその通りだな~って思いました。
2016/06/03(金) 09:18:49 | URL | みっち #- [ 編集 ]
感謝の気持ち
お散歩良かったね
2016/06/03(金) 14:07:18 | URL | 愛姫 #GNpDnBoc [ 編集 ]
ラズベリーパンさん
こんばんは。

私も同じです。
あんちゃんの障害を受け入れきれずにいますよ。
我が子が可愛ければ可愛いほどそうなんだと思います。

だから申し訳なく思わなくていいって言ってくれて泣けたんだと思うし、あんちゃんが生まれた時や、障害を宣告された日のことを思い出すと泣けるし胸が痛くなります。

あんちゃんは医療ケアがあるので完全には母子分離できないんですが、今では先生もあんちゃんに慣れてくださってなるべく吸引で呼ばないようにしてくださってるなと思います。

せっかくなので仲良くなりたいですよねー。
たしかに、あんちゃんの世話しながらや療育受けながらでは深い話はできないなー。
2016/06/03(金) 22:37:19 | URL | はくじゅ #- [ 編集 ]
みっちさん
こんばんは!

赤帽1つでなんだかお姉さんになった気分でした(笑)

もう私もまさにそうなんです。

やっぱり特別な対応をしてもらわないとあんちゃんの生活は成り立たないから、それが迷惑だろうし申し訳ないし、だから保育園も申し込むこと自体どうなんだろうと考えてたんです。

でも臨床心理士の先生は、申し訳ないから諦めるとかじゃなくて、あんちゃんにとって一番いいのは何かっていう基準で考えてほしいって言ってくれました。

お互い、我が子がハッピーになる選択、頑張りましょうね!!
やるだけのことをやって、悔いの残らないよう頑張ることができたら、結果が伴わなくても潔く「ありがとう」と言えるんじゃないかなと思っています。

「ありがとうの花」って歌、知ってます!
いい歌ですよね♪( ´▽`)
みっちさんがコメントに書いてくださったのを見て、今日一日口ずさみながら過ごしました(笑)


2016/06/03(金) 22:54:27 | URL | はくじゅ #- [ 編集 ]
愛姫さん
こんばんは!

お散歩の季節ですよねー!
いいお天気の日はあんちゃんもたくさんお外行けたらいいなぁ。
2016/06/03(金) 22:55:29 | URL | はくじゅ #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://hakutaroanju.blog.fc2.com/tb.php/783-dc007699
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック