あんちゃんのペース☆

昨日、保育園の卒園式に在園児として出席したはっくん。

大好きなお歌を張り切って歌って帰ってきました。

バスを降りて一言。
「はっくんちょっとなみだがでちゃった。」

卒園児さんのお歌を聞いて泣けたようです。

お向かいシスターズのお姉ちゃんとか、バス停一緒のいっちゃんとか、縦割りでペアを組んでくれてた憧れのお兄ちゃんとか、みんないなくなっちゃうもんね。

卒園しちゃうお兄ちゃんお姉ちゃんの歌に感動したんだろうなぁ。

そーゆー気持ち、いつまでも持ち続けてほしい。
涙もろいのは、パパ譲り(笑)


今日はそんなピュアなはっくんとお散歩に行きました。


「デートひさしぶりやなぁ!」とはっくんも嬉しそうにしてくれました。


お決まりコースのお池ね(笑)



いつの間にかこんな飛び石も軽々渡れるようになっちゃって。



普段、二人に絵本を読んでくれる優しいお兄ちゃんです。



今、特別はっくんが荒れてるとか、不安定でフォローしなきゃとか思ってるわけじゃないけど。


昨日寝る前、あんちゃんの吸引やこっちゃんの授乳でバタバタしていたら、はっくんが怒り出しました(^_^;)

どうやら、「ママみて!これって◯◯やんな?」とCMを見てほしかったらしいのですが、ママが見たのが遅くて見てほしかったCMが終わっていたそうな(^_^;)

謝ったけど、そのまますねて寝ちゃったはっくん。

今朝も、こっちゃんが寝たところでガタガタ~!っと物音たてたりするのでどうしても静かにしてって言ってるやん!と言っちゃうし(^_^;)

あんちゃんが発作でメソメソ言うと抱っこするし、ぐうくんつけたりお椅子座らせたり、注入したりやっぱりあんちゃんにかける時間は少なくはないので…はっくんにちょっと待って!と言うことは多々あります。

最近は一人でニンニンジャーのおもちゃで戦いごっこして遊んだりするし、ママ~ママ~というよりはパパやじじとプロレスごっこのような激しい遊びを好むはっくんではありますが…

ママもゆっくり関わってあげられてないなぁとふと思う。

荒れてないとはいえ、ママがあんちゃんに「あんは可愛いなぁ♪( ´▽`)」とかしゃべってると、ちゃんと聞いてて「どうせはっくんはかわいくないんやろ(-_-)」と言ってきたりするし(^_^;)


なので、今日は昼からはっくんリクエストのたこ焼きパーティ!


…ママと二人で(笑)

ご飯時を二人でゆっくり過ごせるのももうできなくなるし。
もうすぐこっちゃんを一緒に食べさせないといけなくなってますますはっくんまで手が回らなくなる…


二人でランチした後はばばがあんちゃんこっちゃんを見てくれたのでゆっくり散歩して、その後は珍しくやる気を出したひらがなの練習にじっくり付き合って。



はたからみたら、基本的にママははっくんには甘いと思われるかもしれません。


重心児と共に生きる兄弟児への関わり方。


常にこれでいいのかと自問自答しています。

我が家はじじとばばがいてくれるからはっくんはかなり恵まれているけど、それでも簡単にお外に遊びに行けなかったり、兄妹の入院が多かったり、少なからず制限を受けて生活しています。

そんなはっくんたちを「甘やかす」わけじゃないけど、「甘えさせる」のは大事なんじゃないかなぁと思ったりするのです。

ま、違いが難しいんやけど(^_^;)


ちゃんと甘えてこられるようなママでいたいとは思うのですが。

しかし、怖いママのたとえなんか知らんけど、最近はっくんに「きょうりゅうばばあ!」と呼ばれます(-_-)

生意気真っ盛り(^_^;)

これからもずっと兄弟児として生きていくはっくんとこっちゃんへの関わり方は悩みながらなんだろうけど、さみしいとか、あんちゃんばっかりずるいとか、あんちゃんのこと否定したくなるような気持ちとか、これから持つであろういろんな感情を隠さず伝えてもらえるような関係性でいたいと思います。

そーゆーのはパパのほうが得意かもしれんけど(^_^;)

「きょうりゅうばばあ」だって頑張るんだから!

兄弟児、実は障害児を育てるより難しいかもしれません。





いつも応援ありがとうございます!!
↓ますますコアラをポチッと応援していただけると嬉しいです!

コメントもとっても嬉しいです!


にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村



人気ブログランキング 障がい児育児へ







スポンサーサイト
コメント

>、これから持つであろういろんな感情を隠さず伝えてもらえるような関係性でいたいと思います。


これははっくんやこっちゃんだけでなくて、パパとママもそうですよね。いろんな事を話し合いながら二人の子育ての方向性が見つかって行けば、兄弟児になにかあったとしても乗り越えて行けるんじゃないかしら。やっぱり両親が同じベクトルを向いて子育てできるかどうかって大事だと思うよ。

そして自分たちだけでがんばらない事です。周りに精神的にも肉体的にも助けが必要な時は声をあげたらいいと思います。

私ね、今子育てが終わって思う事は、社会とか地域とか、周りの人に育ててもらって来たなあって思うの。自分だちだけだったら3人の息子たちはどうなっていたかと思うよ。

「孤育て」にならないようにね
2016/03/28(月) 19:51:58 | URL | まりん #- [ 編集 ]
まりんさん
こんにちは!

パパとママかぁ、そうですよね。
あんちゃんが生まれてから格段に会話は増えましたが、こっちゃんが生まれてから格段に減ったような…(笑)
喋ってる時間がないんですよねー。
って言い訳してないで時間作らないとだめですね。

まりんさんにいつもコメントいただいて気にかけていただいて、もちろん周りの家族や友達にたくさん助けてもらって、全然「孤育て」じゃないなぁってありがたく思っています。

いつもありがとうございます♪(´ε` )
これからも助けてくださいね〜!
2016/03/29(火) 15:39:16 | URL | はくじゅ #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://hakutaroanju.blog.fc2.com/tb.php/741-8f242a72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック