あんちゃんのペース☆

今日は久しぶりの療育、ひまわり教室です。

結局初日のはじまりの会に出席した後入院しちゃって、まだ二回目(^_^;)

まだまだ緊張するし、ぶっちゃけ(あ~いきたくないなー)なんて思ったりもしてました。
前日もパパに「ま、二時間の辛抱やな」って話したり(^_^;)

朝こんな気持ち良さそうに寝てるあんちゃんやし~。


起こしたくないなーというかむしろ一緒にゴロゴロしたい~なんて往生際の悪いこと考えながら…


でも、通うことがあんちゃんの目標やし。
できないことだらけなのはわかってるんやし、先生に抱っこしてもらえばいいやん!と頑張って行きました。

着くといつも何でわかるのか絶対先生が出てきてくれる。
そして「もっと中に停めて~」って言ってくれます。

であんちゃんを抱っこして連れて行ってくれます。


何と、今日はお散歩の日でした。

あんちゃんはお外行けるかな?
バギーでちょっと行こうか?
お母さんの判断に任せます。と。

他のお友達は近くの駅に電車見に行ったり、池があるみたいで魚を見に行ったり一時間ほどの散歩に行きますが、あんちゃんはそこまでは無理なので先生二人引き連れて近所を一周してもらったようです。


なんで一時間が無理かって…
そう、なんとさっそく母子分離!!


あんちゃんは大丈夫か心配されていましたが、こんないい気候で今しか散歩なんか行けないやん!みたいなコンディション。

しかも、ひまわり教室着いてからも布団に寝かせてもらってずっと寝てるし(笑)
何しに来たのかわからんし、ちょっと散歩でも行って起きよう。バギー乗ったら振動で排痰もできるかもわからんしゴロゴロ言ったら帰って来てください。と送り出しました!!

すごいなーいきなり母子分離できるなんて。

あんちゃんには先生二人もついてくれて、バギーにも日よけ装着したけどそれでも日が当たると日傘でガードしてもらって「姫大丈夫?」とセレブな散歩をさせてもらったようでした。

ありがたいなー。
ママとおうちにいたら絶対朝から散歩なんかしないもんなー。


で、その間ママは何をやってるかと言うと、他のママとお話。

それもドキドキしたけど、みんなほんとに優しいの。
向こうからあんちゃんは何の病気?って聞いてくれたから、あんちゃんの出生を簡単に説明したりして。

その後は保育園のこと、先日記事に書いたガソリン代の助成のこと、近くにある総合病院のこと、もう話が止まりませんでした。

途中あんちゃんだけ早く帰って来たからゴロゴロを吸引するのにママだけ席を外すのにちぇって思ったくらい(笑)

もうママがまさに求めていた、同じ地域のママさんとの交流ができた時間でした。

吸引した後は、また先生があんちゃんを見てくれていたのでママはお話に戻れたし。

帰る時には、来る前の憂鬱が嘘みたいにもう帰る時間か~来週のひまわり教室がおやすみなんて残念やな、なんて思えるほど。

来週は他のクラスが遠足だからあんちゃんのクラスはおやすみなのです。


二回目にしてひまわり教室楽しい、と思えるようになったのは先生方と他のママさんの優しさ、そして同じ教室のお友達のおかげです。

散歩前の体操の時間、寝てるあんちゃんが気になってお友達がズリバイであんちゃんのとこに来てくれました。
あんちゃんにタッチしてくれたり。

不自由な体をものともせず、新入りのあんちゃんの近くまで来て声をかけてくれる姿に一人ジーンとしていたのです。


あんちゃんの重度さが際立っているのは誰が見てもわかることで、一人でも「うわ、大変な子が来た!」って雰囲気の人がいたらそれだけでママはもう通えなかったと思う。

あんちゃん、みんなにあたたかく受け入れてもらって、嬉しいね。


帰りに、あんちゃん担当の先生が母子分離してた時の様子を教えてくれました。

「足のしたにタオルはさんであげようと思って持ってきたタオルが大きかったみたいで、はさんだらふぇ~て泣かれました(^_^;)大きかったかな、ごめんごめんって小さいタオルにはさみ直したらこれでいいわ、みたいな顔で泣き止んでくれましたよ。」って。

「嫌なことはもちろん泣くけど、見てたらこれでいいんやなって表情がわかりますね。」って言ってもらえました。

帰ってきてからも、「はぁ~つかれた」とばかりに定位置で爆睡するから、やっぱりおうちわかってるんだよね、と思ったり。


最近そういういい意味であんちゃんの表情や表現方法なんかのあんちゃんらしさがよくわかる。

それは、きっと今目立った発作がないからなんだろうなぁ。
もっと発作が出てきたらきっと発作に翻弄されてあんちゃんらしさが出せなくなる。

起きてると眼振はあるし、いつもっとダイナミックな発作が出てきてもおかしくないとは思うけど、少しでもこの穏やかな時間が続いてほしいと思うのでした。





いつも応援ありがとうございます!!
↓ますますコアラをポチッと応援していただけると嬉しいです!

コメントもとっても嬉しいです!


にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村



人気ブログランキング 障がい児育児へ



スポンサーサイト
コメント
良かったですね~!
こんばんは☆療育お疲れ様でした!あんちゃんもお疲れのようですね(^^)

もう母子分離とかすごいですね~!プースケの地域の療育センターでは年齢ごとにクラス分けされてますが、年長さんのクラスからしか母子分離してないんです。

年長クラスのママさんたちは子どもを送ったあと、みんなでご飯行ったり休憩室で談話してたりしてるので、早く母子分離して他のママさんたちとゆっくり過ごせるのを密かに楽しみにしてる私です(笑)

はくじゅさん1回目の療育でちょっと周りの子たちとの差に驚かれてたようなので、その後ちゃんと通えてるかなぁ~大丈夫かなぁ~と心配しておりました!(笑)でも2回目で楽しいと思えるようになれてホント良かったですね!!(^∀^)

あんちゃんが元気に通うことも大事ですが、ママ同士が仲良く楽しみながら通うことだって大事ですから♪(むしろそっちの方が主な目的だったりする。笑)(^^)
同じ地域の方だから色々情報交換して耳寄り情報得られたりするかもですし!

私も今の通園には、他のママさんたちがみんな優しくて仲良くしてくれるから通うことができてます。お腹もゴロゴロしなくなったし、今は楽しいです(笑)

あんちゃんを気にかけてくれるお友達がいて、先生がセレブな対応してくれて(笑)、次の療育も楽しみですね(´ω`♪)

本当に穏やかな毎日が長く続いてほしいですねー!(>_<)





2015/05/08(金) 23:23:51 | URL | プースケママ #- [ 編集 ]
こんにちは☆
療育が楽しいスタートで良かったですね(^^)

同じ地域のママ達との交流、きっとこれから支えになると思います。

他の子があんちゃんに関わってくれることにはくじゅさんがジーンとしたように、
これからあんちゃんが他の子や他のママ達の心を動かすこともあるだろうな~。

先生方の関わりも温かくて良かったですね(^^)

これから療育に通うのが楽しみですね~!お腹に赤ちゃんもいることだし、無理しすぎないようにしてくださいね♪
2015/05/09(土) 07:17:11 | URL | みっち #- [ 編集 ]
楽しい療育
療育良かったね
2015/05/09(土) 15:53:08 | URL | 愛姫 #mgo6T7sQ [ 編集 ]
プースケママさん
こんにちは!

母子分離ってね、結局建物内にいるし、しかもあんちゃんの療育は午前中の二時間ほどなので実質分離してるのは一時間ほどなんです(笑)

それでもあんちゃんもそんなことできるようになったのかーと感慨深かったです(笑)
プーちゃんのような本格的な療育ではないんやけど、ほんとに地域のママさんとの出会いは大切やなぁと二回目にして実感!

ママさんもプーちゃんが年長さんになった時の分離、楽しみですね〜!

今でも周りの子たちとの差にはとまどったりしますが、あんちゃんらしくその場にいられたらいいかな、と思うようにしてます。
当の本人は気にもせず寝てますから(笑)

そういやママさんもお腹もゴロゴロしてましたね〜(笑)
私も自分のためにも通いたかったので、楽しく通えそうで何よりです!

2015/05/09(土) 16:30:17 | URL | はくじゅ #- [ 編集 ]
みっちさん
こんにちは!

みっちさんとふたばちゃんがものすごく充実した通園生活を送られているのをいいなぁ〜と思いながら、あんちゃんと私も楽しい療育がスタートしました!

週一の午前中だけなので、全然楽ですけど(笑)

周りの子とのあまりの違いにあんちゃんがここにいていいのかなぁってやっぱり今でもどうしても思いますが、みっちさんがあんちゃんが他の子や他のママ達の心を動かすこともあるだろうって言ってくださって目からウロコでした!

いつかそうなればいいなぁ。

とりあえず小児専門病院と違って近いだけ通いやすいので、ぼちぼち頑張ります!!
2015/05/09(土) 16:34:18 | URL | はくじゅ #- [ 編集 ]
愛姫さん
こんにちは!

療育楽しかったですー!
来週再来週と二週間もあいちゃうのでさみしいくらいです(^_^;)
2015/05/09(土) 16:35:17 | URL | はくじゅ #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://hakutaroanju.blog.fc2.com/tb.php/466-d1d5a6aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック