あんちゃんのペース☆

今日から地元の病院でリハビリを再開しました。

6月に小児専門病院に緊急入院した以来、5ヶ月ぶりです。

小児専門病院と違って、総合病院なので人も多いしお会計なんかも混んでいる。
何もこんな風邪ひきやすい季節にリハビリ再開しなくても、と昨日から休もっかなぁ~なんて行きたくないモード(^_^;)

もっともらしい理由を並べてますが、なんだかんだで結局地元の病院には居心地の悪さを感じてる。
小児専門病院のリハビリが楽しいだけに、あんちゃんのバギーが物珍しくかなり目立つ顔見知りだらけの病院には行くにはまだまだ一大決心がいるのです。

でも自分から再開したいって言ったんやし~。
そして、ママの職場でもあるので年末調整の書類も持って行きたかったし、と一念発起して行って来ました!!

総務課や看護局のある二階にあんちゃん連れて行くか、いろいろ悩みましたが堂々と連れて行き書類の提出や看護局長との面談の約束、もろもろの用事を完ぺきに済ませました!

って、なぜそもそも地元の病院でのリハビリを再開したかというと、小児専門病院でPTさんといろいろ話した時のこと。

「30歳40歳でこの病院にリハビリに通ってる人もいるけど、やっぱりここ(小児専門病院)は県の中央機関やから、成人したときのこと考えて地域で暮らして行くことを考えていかなあかん。そのために、地元の病院であんちゃんを見てくれる場所の確保はしないとだめよ。」と、そんな話をしました。

小児専門病院のリハビリや診察ではママの話を聞いてもらうなどの母のメンタルケアの他、あんちゃんはかなり専門的なリハビリや治療を受けられ恵まれた環境にいます。

でもそれも、名前の通り小児専門病院だから。
いずれあんちゃんは小児を卒業し成人になります。
その時、この小児専門病院にしかあんちゃんのことを知る医療者がいないのではあんちゃんのためにはならないのです。
小児科医は、大人のかかるがんは見つけられない、といったような問題が出てくるのです。

ずっと入退院を繰り返してるし、今でもいつ入院になるかわからないんやけど、少しでも調子の良い時に地元の病院にもちょこちょこ通えたらなぁと思います。

地元の病院のPTさんは、小児のリハビリを一生懸命勉強してあんちゃんによいことをたくさん考えてくれます。

何よりあんちゃんを可愛がり、大切に扱ってくれる。
それだけでありがたいなぁと思えるくらいです。

同じ病院に勤める者同士やし、はっくんとあんちゃんの同級生のパパやし、話も共通の話題がたくさんあってママも楽しいのです。

今日はYちゃんにもらったシールを鼻チューブのシールにつけていったら、PTさんにシブいな~と笑われました(笑)

恐竜のキラキラシールです(笑)


あんちゃんも寝ながら頑張りました。


終わったら、あんちゃんが菌だらけの総合受付を通らなくてすむように先に案内カード出しに行ったり、その間PTさんにあんちゃんを見ててもらったり(^_^;)

全てをやり遂げた後は達成感でいっぱいです!
そして疲労感でもいっぱい(^_^;)

今日だって二階の総務課行ってリハビリ室に行くだけで知り合い二人に出会いました。
それが嫌とかじゃなくて、あんちゃんのこと見られたくないとかじゃなくて、眼振がすごくてしんどそうなあんちゃんよりも発作のない元気なあんちゃんを見てもらいたい。誰にでも可愛い我が子をみてもらいたいと思うのが正直な親心。

小児専門病院のようにバギー仲間がたくさんいるわけじゃなく、孤独やし気持ちを奮い立たせているし、楽しいと思えるにはまだまだだろうけど、きっとあんちゃんが一生お世話になるだろう病院。

そのうちスタッフ誰もがあんちゃんのこと知ってくれるくらい、ゆっくりでもあんちゃんの居場所となるようママも頑張ろうと思うのでした。

たかが受診で意識して頑張らないといけないなんてあんちゃんに失礼だし、そんな自分が嫌だなと思う気持ちももちろんあるんだけどね。
実際行ってみればなんてことなかったりもするんだけど。


菌だらけの病院に行った後は、ネブライザーで痰出しも頑張ります!

今日は珍しく早く帰ってきたパパが持ち役でした(笑)





いつも応援ありがとうございます!!
↓ますますコアラをポチッと応援していただけると嬉しいです!

コメントもとっても嬉しいです!


にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村



人気ブログランキング 障がい児育児へ



スポンサーサイト
コメント
やっと
今週退院する事になりました。
もう産まれてから半年たってしまいました。まだ体重2600gで弱々しいですがずっと病院で過ごすよりお家で少しでも刺激をあげたいです。
そしてあんちゃんのようにリハビリに通ったりお出掛けもさせてあげたいなぁ。。
まだまだ夢のような感じですが‥^_^;
まずはクリスマスを家族で平和に過ごすのが目標です☆
2014/11/11(火) 11:26:29 | URL | ルナ #- [ 編集 ]
ルナさん
こんにちは!

退院おめでとうございます〜!!
半年間頑張られましたね〜!
あんちゃんも退院時はそれくらいの体重だったかなぁ。

不安や心配だらけでしたが、それでも家族が揃う喜びは何にも変えられないなぁと嬉しかった日を思い出します。
よかったですね〜!
自分のことのように嬉しいです!

これからはルナさんもおうちでたくさん楽しいことできますね!

あんちゃんもこの時期はお出かけは夢のようになります…(笑)
またおうち生活の様子、よかったら教えてくださいね!
あんちゃんもクリスマスや年末年始、おうちにいられるように頑張ります!!
2014/11/11(火) 15:59:19 | URL | はくじゅ #- [ 編集 ]
こんにちは☆
リハビリ再開、お疲れ様です!

そっか~。なるほどと思いながら読ませてもらっていました。
いつかは小児専門病院を卒業する時が来ますもんね。そう考えたら、あんちゃんをちっちゃいうちから見てもらっていた方が安心ですもんね。
スタッフさんにとっても小さいうちから見ているほうが愛着を持って接してくれそうだし(^^)
今のことだけじゃなく、先のことをいろいろ考えて行動するって大事ですよね。

孤独で自分を奮い立たせてる、私もそんな経験あります。
いつも診てもらっているのは総合病院なんですが、小児科外来なんかに行くと、ちょっとアウェー感を感じて、知らず知らずのうちに力が入っているのか疲れてしまう(笑)。
でも、重症心身障害児者施設に行くと、なんだか肩の力が抜けちゃいます。

ゆっくりゆっくりでも、地元の総合病院が、あんちゃんとはくじゅさんにとって、居心地のいい場所になればいいですね。
2014/11/11(火) 16:30:27 | URL | みっち #- [ 編集 ]
みっちさん
こんばんは!

そうなんです。
私も今まで小児専門病院でのリハビリをいかに充実させるか、とかなら一生懸命考えてきたし、そのためなら一時間半かけてでも通わないと!と意気込んでましたがいつかそれを卒業する時がくるんですよね。
その未来があってほしいし、その時がきた時にあたふたしないように今のうちからあんちゃんのこと知ってもらっとかないとなぁと思いました。

しかし孤独で自分を奮い立たせてる、だからほんとに疲れるんですよね〜(^_^;)
これが一人でも同じようなお友達がいると全然違うのに。
地元ではかなりVIPな重症児のあんちゃんです(^_^;)

みっちさん、いつもいつも私の気持ちをわかってくださってありがとうございます!
ほんとみっちさんのコメントに救われています〜♪( ´▽`)
2014/11/11(火) 18:37:25 | URL | はくじゅ #- [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/11/12(水) 20:10:01 | | # [ 編集 ]
さくさん
こんにちは!

いろいろ考えているようで、周りから言われて、あ、そっかと気付いてるだけなんです。
我が家はこうやってあんちゃんを育てる!って芯のようなものがまだ見えなくて、周りの助言に助けられてます。

ほんとは静岡やら大阪、あんちゃんのためによいと言われることは全部したいんですが、お兄ちゃんを理由に見送り中。
兄弟がいても行ってる人は行ってるし、理由にはならないですが。
うちは行かない。
地元でがんばる、とまだ決めきれなくて気持ちがフラフラしますが…(^_^;)
また大きくなったら行けるチャンスもあるのかなぁと思ったりしています。

さくさんのような育て方、理想です〜。
地元の病院や療育にフォローしてもらいながら、専門的なところは出かける。

今度保健師さんもおうちに来てくれるし、地域のみなさんに可愛がってもらいながら大きくなってほしいなぁ〜!!
2014/11/13(木) 11:22:37 | URL | はくじゅ #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://hakutaroanju.blog.fc2.com/tb.php/286-c94874cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック