あんちゃんのペース☆

朝はっくんを保育園に送った時のこと。

泣き虫はっくんは、自分のペースでママと離れる心の準備をしないとダメらしく、みんな園庭の前の門でママとはバイバイしますがはっくんは「ママおくつのとこまでおいで!」と言い園庭を横切り下駄箱でのバイバイを希望します。

そんなことくらいで泣かずに行ってくれるならママは全然下駄箱まで行きますけどぉ!と毎日はっくんが靴脱いで、靴箱に入れて、「ママタッチ!」と気の済むまでタッチしまくり自分からお部屋まで行くのを見送ってきました。

この光景はほとんどの先生が見てくれてるはずなんやけど、今日はなぜか、「お母さん門のとこまででいいよ!」と嫌がるはっくんを抱きかかえ連れて行かれました。
ママタッチ~!と号泣しながら連れて行かれるはっくん…(^_^;)

もちろんタッチもできず。

久しぶりに泣かれてせつなくなりながら(他の園児の手前門でバイバイしないといけないのかなぁ。先生に下駄箱まで行かせてって言ったほうがいいのかなぁ。)と悶々考えながらあんちゃんの病院に向かいました。

ママは泣かれるのが一番嫌やから、下駄箱まで行くくらいで機嫌良く登園できるならそうしたい。
今日の先生もあんちゃんのこともちろん知ってるし、ママに負担をかけないようにと思ってのことかもしれないけど。

ま、今書いてて悩むほどのことちゃうやん?と思ったりもしたけど(^_^;)、はっくんに甘いママ、あんちゃんの介護という理由で保育園にいれている手前、なるべくはっくんに楽しく保育園に行ってほしいのです。

あんちゃんの病室に着くと、あんちゃんは起きていました。
やや陥没呼吸なものの、脈拍160台と起きた瞬間200台みたいな時期とは違い抱っこしてもらえません(笑)

ママ~だっこだっこ~


抱っこするとすく寝る。


髪の毛爆発しすぎやろ~(笑)

でも常に誰かが抱っこしないと過ごせないような状態じゃなくなって嬉しい。


あんちゃん、今日は整形外科です。
あまりの緊張に股関節をずっとフォローしてもらってましたが肺炎騒動で行けていずでした。

レントゲン上は今のところ問題ないようで一安心です。

診察に呼び出されたから外来におりた途端う◯こきばるマイペースあんちゃん。

そして急いで病棟戻ったのに背中からもれてかわゆい甚平に着替える夏女。




整形外科から帰ってきてくつろいでいると、同じ部屋のお母さんが面会に来ました。
その子は気管切開してるんやけど、何日かぶりに来たらしいそのお母さん、来た早々吸引全然できてない、と怒っていました。

家では30分おきにしていた。
痰がたまってもSPO2が下がりにくいタイプ。
だから頻回にってお願いしてたのに、と。

担当ナースに怒るお母さん。
謝るナース。

…(^_^;)
職業柄どっちも気持ちもわかりすぎてママは苦しかったです。

ママがナースじゃなかったら、もう、ちゃんとしてよね!とお母さんに激しく同意してただろうし、反対にあんちゃんがいなかったらいやいや、ちゃんと見てたけどー限界があるよね~とナースに同意してただろうし。


お母さんの主張は全く間違ってない。
吸引は命に直結する処置だから。

でもナースもきっと手を抜いたわけではない。と思う。

あんちゃんの入院中、いろいろ思わないわけではないけども、基本よくしてもらってるし、一言物申すほどのことはなかった。
でも、明らかに我が子に不利益なことならやっぱり言いにくくても言わないといけない。
この先も。

問題はその言い方。
やっぱり人間と人間の関係やし、どっちが偉いとかどっちが悪いとかじゃなくて。

言うことで角が立つのも嫌やし、だからって必要以上にへりくだる必要もないんだし。

まさに、目指すはアサーティブなコミュニケーションです。
昔研修で習いました。
(簡単に言うと、相手も尊重した上で、誠実に率直に対等に自分の意見を伝えるコミュニケーション手段のことね。)


このことは朝の保育園での一件にも通じるものがあります。
病院や保育園など集団生活の場では家とおんなじようにはできないこともあるし、制限もあるけど、じゃあどこまでならしてもらえるのか、それをお互いが嫌な思いせずうまくすり合わせるのに一番大事なのはコミュニケーション能力かもなぁ。

なーんてことをお母さんとナースのやりとりを聞きながら考えるのでした。

触る者みな傷つけたギザギザハートのママ、苦手分野ですけどぉ!
しかし、あんちゃんのような子を育てるにはあらゆる大人の力を借りていくことになるので、コミュニケーションスキル磨かなければ。

現に、訪問看護を導入しよう計画推進中!!
また新たに人間関係の構築が始まります。
このことは長くなりすぎたのでまた今度(◍•ᴗ•◍)


ちなみに、はっくんをお迎えに行って「やっぱり門のところでバイバイしたほうがいいんですよね~」と聞いたところ、「はっくんは最初からめっちゃ泣いてたから下駄箱まで来てもらってたけど、今日ももうすぐ三歳やし門のところでバイバイしようって約束してたんです」と言われました(^_^;)
やはり…
悶々したままじゃなくて聞いてよかった(笑)

はっくん、新たな試練です。
がんばろ!!


おにいさん、あたしもしれんをのりこえたんだから、あんたもがんばりなはれ。


ちょっと2人の寝方がエロいですが(笑)、オオサンショウウオのつぶらな瞳の可愛いこと!!


毎度長々と失礼しました。

いつも応援ありがとうございます!!
↓ますますコアラをポチッと応援していただけると嬉しいです!

コメントもとっても嬉しいです!


にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村



人気ブログランキング 障がい児育児へ



スポンサーサイト
コメント
No title
オオサンショウウオさんの、つぶらな瞳が!みつけられません〜〜(>_<) (笑)
私の昔の同僚で、出産祝いにいき、「わ〜なんて可愛い、ズボラな瞳」と言って笑いを産んでいた人を思い出しました。(^o^)
あんちゃんの寝顔の健やかな感じに癒されます。

伝えるって、本当に難しいですよね。
手を借りるしかない場合でも、やはり負担にならないよう 相手の立場に立って話すように心がけています。立場って、大事ですよね。(⌒-⌒; )
でも、相手の立場に立つと 言いにくいことも増えちゃって、なかなかなジレンマに陥ってます。
はっくんの件、よかったですね。(^o^)
先生も朝の時点で「はっくん、がんばるってお約束したもんね〜」って言いながら連れ去ってくださればいいのに。お子さんいない保育士さんなんでしょうか。体験、経験のあるなしでも 配慮の仕方がかわりますよね。
人間として生きるのって、案外いろんなスキルが必要なんだなぁって、通園をし始めて、痛感しています。
はくじゅさん つっぱってたんですか?(^o^)



2014/07/16(水) 22:27:33 | URL | ちまき #- [ 編集 ]
こんばんは(*^_^*)
分かる分かる分かりますー!

保育園でのことも、病院でのことも、うんうんとなりながら読んでました。

保育園にお子さんを預けるママさんは、やっぱり笑顔でバイバイして欲しいって思いますよね。
私も泣いてる子を親と引き離すのがいつも辛くて、どうにかならないかなぁと年度始めは悩んでました(^_^;)
でも、徐々に時期が経ってくれば、この子は泣いていても「お預かりしまーす!」って割り切って預かった方がいいってこともあるんですよね。
その子の成長のために。
うーん、なんかまとまらないんですけど、はっくんへの悩みは、前職で保育士をしていた私にとって人事な感じがしなくて(^_^;)
読んでて、先生もママの気持ちも分かるなぁーって考え深かったです。

病院での事も…。
入院長かった私にとっては、どっちの気持ちも分かるので、看護師さんにはへりくだりながら頼みたい事は言ってました(^_^;)
「忙しいところ、ほんともうしわけないんですけど〜…」って感じで(^^;)
人と人との関わりって本当に難しいですよね〜。。。

しかしあんちゃん、オオサンショウウオくんとラブラブ可愛すぎて笑っちゃいました(笑)
あんちゃーん、もうすぐ退院だね〜(*^_^*)
2014/07/16(水) 22:56:26 | URL | はるまりも #- [ 編集 ]

おはようございます☆☆

はっくん、試練の時なのかな~
ただ、下駄箱まで行って泣かずにタッチでバイバイできるなら、無理矢理門で連れて行かずに事前にはくじゅさんに伝えて、前日からはっくんとはくじゅさんが約束して、はっくんも心の準備ができたんじゃないかなぁと思ってしまいました。
少しずつでいいと思うんだけどな~
はっくん今日は門で笑顔でバイバイできるといいね!

あんちゃん、とっても穏やかな寝顔に朝からパワーもらいました! 甚平姿も可愛い(//∇//)

私も咲太に関わる方々とのコミュニケーションは気遣ってる~(  ̄▽ ̄)
やっぱり咲太のことを理解してもらう、可愛がってもらう、大事にしてもらうってすごい大事なことだと思って。
親が何でもかんでも言ってしまって嫌な気持ちになると、相手も人間だから嫌になっちゃうだろうし、これから付き合っていかなくちゃいけない人も多いから、役所なんて言いたいこといっぱいあるけど我慢(笑)
でも言わなくちゃいけない事は言っていこうって思う☆これも子どもの為だもんね。
本当言い方一つで恐ろしいほど変わっちゃうこともあるだろうから、これからも気を付けなくちゃね~
2014/07/17(木) 08:26:13 | URL | ちゃぱる #- [ 編集 ]
ちまきさん
こんにちは!
コメントありがとうございます!

あんちゃんとお互いつぶらな瞳で見つめ合ってるじゃないですか〜(笑)

そうなんです。
相手の立場に立つって大事ですよね。
患者の権利だから、ってズケズケなんでも言っていいかってそうじゃないし。
だからって看護師の言いなりになるのがいいわけでもなく。

もうまさにジレンマですよー。
はっくんの件も(笑)
多分、お約束したのは昨日泣いてからだと思うんですが、昨日の出来事が突然だったので私も戸惑いました(^_^;)

しかし何事においてもメンタル弱男なので気を使います(^_^;)

私、普通に真面目に生きて来ましたが、後輩には近寄りがたい毒舌先輩だったようです(笑)
そんな彼女たちとも今ではおちょくられるほどに仲良くなりました(^_^;)
2014/07/17(木) 14:42:20 | URL | はくじゅ #- [ 編集 ]
はるまりもさん
こんにちは!
コメントありがとうございます!

わかってくれますか〜!
保育園での、別れ際ははっくんにとっては永遠の課題です(^_^;)

でもはっくん、教室に入れば切り替えてるのでまさにはるまりもさんのおっしゃる泣いていても割り切って預かったほうがよい子なんだと思います!

病院での一件も、私は怒ったお母さんみたいに言えないし、愛情あるからこそだと思うとかっこよくみえましたが、同時に言い方一つで人間関係良くも悪くもなっちゃうなーって思いました。

長くお世話になる病院だからこそ可愛がってほしいですもんね。
私のせいであんちゃんに不利益がないように必死です(笑)

あんちゃんもうすぐ帰りますよ〜!
次はどれだけ家にいられるかな〜(^_^;)
2014/07/17(木) 14:47:44 | URL | はくじゅ #- [ 編集 ]
ちゃぱるさん
こんにちは!
コメントありがとうございます!

ほんと、ちゃぱるさんの言うように泣かない方法でバイバイしたいけど、それがみんなと違う方法なら同じようにしないとそれが集団生活というものかしら、と思ったり(^_^;)

だから今日は朝から必死で説得しまくりよ(笑)

そうそう、やっぱり可愛がってほしいし長く付き合うからね。

言いたいけど我慢するのも、言わないといけないことをうまく言うのももうストレスよね〜(^_^;)


うちは役所との戦いはこれからです(^_^;)
コミュニケーション能力急いで養わないと!!(笑)
2014/07/17(木) 15:08:26 | URL | はくじゅ #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://hakutaroanju.blog.fc2.com/tb.php/168-2b6cf04d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック