FC2ブログ

あんちゃんのペース☆

はっくんが小学校に入学し、小学校や教育委員会からのお知らせメールが届くように保護者のケータイを登録するよう通達がありました。

保育園にも連絡メールはあったけど、台風や雪で通園バスが出るかどうか、とかインフルエンザ流行り出しました!という内容が今まではほとんどでした。

その新たに登録した小学校のメールに、不審者が出たというメールが入ってきたのです。

市内の情報が入ってくるので、はっくんの学区からはかなり遠い場所やったけど、最近のニュースでも下校中の事件があったし、とにかく心配で。

ママもやけどはっくんも(^_^;)

テレビのニュースを見ながら、事件のあらましを簡単に説明したり、女の子怖かっただろうねって話したり、だから絶対に知らん人について行ったらあかんよ!って言い聞かせていたら。

はっくん怖くなったようで(^_^;)
「はっくんどうやってかえってきたらいいん?ママ来られる日はじてんしゃできてな。」と(^_^;)

もらった防犯の笛をすぐ届くようヘルメットに付け直して、進研ゼミでもらった防犯ベルも装着してフル装備にしていました。

はっくんの学校は集団下校やし、家まで一緒のお向かいシスターズもいるんやけど(^_^;)

でも、昔ママも実母から「知らないおじさんがお母さんが呼んでるから連れて行ってあげる、とか言われても絶対行ったらあかんよ!お母さん知らん人には絶対そんなこと頼まないから。」と言われて無性に怖くなったこと思い出しました。

はっくんにも同じこと言ったし、同じように怖くなったんやろなー(^_^;)

そんな矢先に不審者情報のメールが来たし、たまたまママも時間的に行けたので久しぶりに自転車で途中までお迎えに行きました。



いつもお向かいシスターズのおじいちゃんが帰りは見に行ってくれてるし、不審者情報が出たこともあってこの日は先生も最後まで付き添って帰って来てくれていました。

「はっくん帰る時ちょっと緊張したんよ。へんなひと出たんやろ?でも先生ついてきてくれたし、だいじょうぶやったわ。そしたらママもきたしな。」

と帰ってきたはっくん(^_^;)
やっぱり~テレビ見ながらの話覚えてたー。
不審者情報も先生から話があったみたいやし、ますますビビってたみたいでした(^_^;)


保育園みたいにバス停で親と先生で直接引き渡したりするわけじゃなく、自分で行って自分で帰ってくる小学生。

ちょっとでも普段より帰ってくるの遅かったら何してるんかな?って心配になるし。

事件のご家族のことを思うと想像を絶する辛さです。

行きも帰りも行ってきまーす!って出て行くはっくん、頼もしくて重い荷物に長い距離偉いなぁって思うけど、ほんまに距離が長いだけあって集団登校や集団下校であっても心配は尽きません。

朝の集団登校は、近所の方がスクールガードをしてくださったり、お向かいシスターズのパパが途中までついてくれたり旗振り当番も回ってくるし、人目はあるけど。

朝は朝で、登校班内のトラブルもあったりして(^_^;)

はっくんが同級生の男の子に叩かれたり胸ぐらつかまれたりしているそうで(^_^;)
はっくん涙目になって歩いてるで、とスクールガードの方に教えてもらったのです。

トラブってますやーん( ꒪⌓꒪)

まぁ理由はいろいろあるんやけど、あの何でも話してくれるはっくんがそのことは言ってくれなかったのでママも知りませんでした。

はっくんに聞いたら、強がりか「そんなもんほっといてるわ!」て言うてましたけど(^_^;)

やり返さずに耐えてるみたいでその点は素晴らしいけど、はっくんに全く非がないわけではないやろうし、大人の目がある方が男の子もおとなしいそうなので、なるべく朝もパパが自転車通勤して途中まで一緒に行くとか、していかないとなぁと思います。

ママも行けたら行きたいけど、あんちゃんこっちゃんいるから朝は不可能( ꒪⌓꒪)

6年間、歩き続けるってほんまに大変やと思うけど、はっくんは6年間1日も休まない!を目標に掲げているので出来る限りサポートして行きたいなと思います。

箱入り娘のあんちゃんは、特別支援学校に入学してもママの送迎付きなのでその点は心配いりませんが(◍•ᴗ•◍)


どうかはっくんが毎日安全に楽しく登下校できますように。

ママのママチャリが大活躍です(笑)

スポンサーサイト
コメント
登下校のいろいろ
世の中怖いね
2018/05/21(月) 21:51:10 | URL | ちー姉 #GNpDnBoc [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://hakutaroanju.blog.fc2.com/tb.php/1087-8a7089bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック