あんちゃんのペース☆

昨年12月に、RSウイルスで二週間入院して以来。

半年もの間、おうちで過ごせました。
半年おうちにいられたのは、なんとあんちゃんの人生初でした。

その間に保育園に入園し、毎月のように風邪はひいていたけどそのたびに入院もせずおうちで復活してきました。

月に一日休む程度で楽しく保育園に通えました。

ここらでちょっと一休み。


…あんちゃん半年ぶりの入院です( ꒪⌓꒪)


ずっとスッキリ良くはなってなかったけど、熱も下がったしおうちで回復できるかなーと思っていましたが。

夕方になると40度の熱が出たり、それがしんどいのかもはや痙攣か緊張かもうよくわからないピンピンが抑えきれない。
簡単に脈拍が200を越える。

これはしんどすぎるだろう、と救急外来を受診しました。


保育園を休んだから、顔見られなかったし、とわざわざおうちにあんちゃんの顔を見にきてくれた保育園の看護師さん。
顔を見てだいぶしんどそうやね、とその一言で訪問看護師さんにも連絡。

訪問看護師さんもすぐに見にきてくれました。

ピンピンが今まで見たことない感じやし、とりあえずルート確保でもなんでもしておさめた方がいいんじゃないか、とすぐ往診医に連絡。

往診医の方からパパの病院に連絡してもらってからの救急受診になりました。

みなさんの迅速な対応に本当に感謝です。

はっくんこっちゃんも一緒に行くしかないのでばばにヘルプ要請、仕事中であろうパパにも連絡し、救急外来で待ってくれていました。

けいれん止まりません、って言えば救急外来ですぐ見てもらえるとのことだったけど、結局順番待ち(^_^;)

採血、ルート確保、レントゲンで軽く二時間越え( ꒪⌓꒪)

その間抱っこしててももう止められない緊張で、フェノバールを静注してもらってなんとかなりました。

病棟に上がれたのは、0時になるかならんかの頃…

総合病院の小児科、ヤバイ混み具合です( ꒪⌓꒪)
先生大変すぎです( ꒪⌓꒪)

フェノバールでピンピンはましになったけど眼振が治らないからと頭のCTに、髄膜炎を除外診断するための腰椎穿刺( ꒪⌓꒪)
尿路感染疑いの検尿。

まさにフルコース検査でぐったりのあんちゃんでした。


いつもの小児専門病院じゃないので、完全付き添い。

パパの出番です!



けいれんか緊張かなんかわからんピンピンを精査してもらいたいし、いつもの小児専門病院に転院したいと思っていたんやけど、なんとそれができなくて( ꒪⌓꒪)

週明けまで付き添い入院続きます(^_^;)

はっくんこっちゃんのことがあるから大変ではあるけど、まぁ病院近いしよく見てもらってるし、ちょっと新鮮ではあります。
パパが土日休みで助かりました。


あーしんど。


朝ネーザルハイフローに変えてもらって、まだまだ酸素はたくさん使ってるけど、午前中よりは楽そうに見えます。



昼間はうとうとできたあんちゃん。
夜大丈夫かなー。
心配で仕方ないけど、夜間の付き添いはママと交代してパパが頑張ってくれます(◍•ᴗ•◍)


ママははっくんこっちゃんのフォロー頑張ります。

入院前は、保育園でもらってきた絵本をあんちゃんに読んでくれてシール貼りも一緒にしてくれたはっくん。


こっちゃんがもらってきた絵本も横取りしてあんちゃんに読んでくれてる(笑)
取られて泣いたこっちゃん(笑)

それおれのやしー


…こっちゃんの情けない顔(笑)


また早くおうちでこんな風に兄妹が揃いますように…

しんどいのが早くスッキリしますように…






スポンサーサイト