あんちゃんのペース☆

家庭訪問が無事終わりましたー(◍•ᴗ•◍)

先生と呼ばれる人は大変ですね。

ママもきったないお部屋の掃除、一生懸命頑張りました(笑)
同じタイミングで同じく家庭訪問の妹と「うちらぐうたらやからこんな掃除せんとキレイにならへんなら汚くていいな」とかラインしながら(笑)

バス通園だと先生と話すタイミングなんてほぼないので貴重な時間でした。
あ~後からこれ聞いときゃ良かったーとかあれ話しとけば良かったーなんて後悔はありましたが(^_^;)

そんな中はっくんの担任の先生とお話していた時のこと。

「今日あんちゃんが裏園庭に出てるところを、はっくんがおトイレ行く途中見かけたみたいで。お友達に「あんちゃん病気なん?」て聞かれてちょっと困った様な顔でうん。て答えてるところを見ました」って。

あんちゃんなかなかお友達と同じ時間お外遊びできないので園庭で出会うことは今までほぼなかったのですが。

病気なん?て聞かれて困ったのかなーと思って、先生が帰った後はっくんに確認してみると。

「え?あんちゃんみてたけど、そんなこときかれてないで。」と。

え?そうなの?
でもお友達に病気なんて言われたんやろ?としつこく聞いても「だ~か~ら、いわれてないってば!」と( ꒪⌓꒪)

真相は分からずじまい。

はっくんはきっと聞かれてたら聞かれたって言うだろうしなー。
月齢的にも隠し事なんかできないし、嫌なことあったら率先して言うタイプやし(^_^;)

でも先生が見たなら本当に聞かれてたんだろうし。

あんちゃん見るのに夢中で、印象に残らないほどの会話だったのかなー。

気にしてないならいいけど。

夜、パパに家庭訪問で話した内容を報告しながら、「これからやろね、はっくんがお友達に突っ込まれて悩み出すの。」って話になりました。

今は、あんちゃんを園の中で見かけるのが嬉しくて仕方ないみたいやけど(◍•ᴗ•◍)


あんちゃんは、昨日も今日も穏やかに園生活を送れています。

昨日からバギーに乗せてみたいので持ってきてください、って先生が言ってくれてお外をお散歩してもらっています。

今日はバギーでクラスのお友達と一緒に散歩に出かけて、初めてやしあんちゃんは途中で引き返してきましたがピンピンせずにいられたそうで。

木陰が気持ちいいこの一番いい季節に、バギーでお外をウロウロできるなんて。

本当に感謝です。


その他、毎月あんちゃんの登園日じゃない日に開催されるお誕生日会にあんちゃんが参加できるようにいろいろ考えてくださったり、園でもし救急搬送しないといけなくなった場合のフローチャートを作ってくださったり。

新入園児さんが落ち着いてきたこのタイミングで、他のクラスの先生にもあんちゃんのサポートブックを回してくださったり。

保育参観でパパが挨拶させてもらったけど、いなかった保護者の方のためにクラス便りにちょこっと紹介しましょうか。と聞いてくださったり。

加配の先生だけじゃなく、クラスの担任の先生にかわるがわる抱っこしてもらったり。


本当にきめ細やかな対応をしてくださっています。


あんちゃんも今までなら入院してたような39度越えの感染もしれっと解熱して、保育園行きたいんよーて言ってるんかな、楽しいんだろうな、って思います。

お散歩行くよーって言ってると、バギーに乗ってもピンピンしなかったり、あんちゃんお散歩行きたいからコントロールしてるの?て言われるくらいだったり。


あんちゃんのような子が保育園に行くことに賛否両論あるだろうけど、たくさんの配慮の元に成り立つ園生活だけど、あんちゃんは保育園にいるということを理解していて、それが楽しいんだと先生もママも徐々に確信しています。

あんちゃんの園生活を訪看さんを通して聞いているママさんも、呼吸器の我が子を入れたいなーって言いはじめてるよ、って言ってたし、いつか通いたいと思った子みんなが通えたらいいなぁ。


来週はお誕生日会に遠足、行事がたくさんの園生活。
そろそろ暑くなってきて、初めて園で過ごす夏も未知の世界。

どんな風に過ごせるか分からないけど、あんちゃんにも園にも無理のないように、という初心がぶれることなく先生方と相談しながら楽しく通ってほしいと思います(◍•ᴗ•◍)


いいお天気すぎて、おうちにいられないはっくん。
田舎の丸坊主は、帰宅後田んぼで小さいエビを捕まえて遊んでいました(笑)



もちろんこっちゃんも家に入るわけないし( ꒪⌓꒪)
訪看さんさまさまの夕方です(^_^;)

意外とエビとり大人も楽しいんやけどね(笑)

入れ食い状態のエビは我が家の三男坊、がっちゃんのエサになりました(◍•ᴗ•◍)






スポンサーサイト