あんちゃんのペース☆

えへ、わたしちょうしよくなった。


苦手な左向きを黙って受け入れているあたり、まだ本調子じゃないの?と思いますが、体のためには左向き頑張ってもらわないといけないので結果オーライ♪( ´▽`)

よく見たら鼻水たらしてたりしますが、ほぼ調子は元どおり♪( ´▽`)
あんちゃん楽そう♪( ´▽`)



実はあんちゃん学童病棟にいるのですが、一緒に入院頑張っているお兄ちゃんがいます。

そのママさんとランチしながら頑張ろう会を開催。

テーマは「我が子が離れて入院しているせつなさ」


肢体不自由だけど、介助さえあればトイレも行けるしご飯も食べられるお兄ちゃん。

何も出来ないしオムツが漏れようと伝えられないあんちゃん。

面会に行き、汚れた洗濯物がたくさんあると我が子の訴えが届かなかったのかな、長いことお部屋に来てもらえなかったのかなと親は本当にせつない気持ちになります。

それでも、親亡き後のこと、いずれ誰かの介助を受けて自立していかないといけない現実を考え親もさみしい気持ちを押し殺して完全看護の病院にお願いしています。

完全看護の病院を選ぶのは、兄弟児のためでもある。

家に帰ると、どうしてるかなぁと考えだしたら止まらなくなるのでなるべく考えないように過ごす。

健常だったら、こんな離れて過ごすことなくお互いさみしい思いせずにいられるのに…と思ったり。

そんなせつなさを共有していました。

美味しいパスタとデザート食べながら♪( ´▽`)


普段はできるお兄ちゃんなのに、洗濯物がどんどん増える。
それを洗うママさんの気持ちを考えると、本当にママまで辛くなる。


でもママは看護師として働いていた頃のことを考えると、どうしても対応できなかったり悪気はなくても希望に添えなかったりすることがあることもわかる。
忙しいは理由にならないとしても。

どんなにせつなくても、離れたくなくても、やっぱりあんちゃんのような重症心身障害児と共に生きるにはレスパイトは必要なわけで。

落ち着いて入院してくれているあんちゃん、それを見守ってくれている医療スタッフの方に感謝です。

家と同じようにはもちろんいかないだろうけど、ママと離れてもお兄ちゃんやあんちゃんが少しでも快適にすごせていますように、と祈るばかりです。

要望もあったりするけれど、そんなこんなでなかなか言えなかったりするママ。

我が子のため、言わないといけないことをきっちり上手にスタッフに伝えているYくんママはすごいなぁと思います。

そんなママさんが、ママが頑張る力になりますように!ってこんな可愛いの作ってくれた~♪( ´▽`)


マリメッコポーチ!
売り物みたいですよ♪( ´▽`)
何入れようかな~!
これ見るたびにママも頑張ろうって思います。


調子のよくなったあんちゃんは、抱っこしたらニコニコしてくれて、気持ちよさそ~に寝ている顔を見ていると、もう可愛くて可愛くて。


もっと抱っこしてあげたいなあ、帰る時間ずらそうかなぁと思ったりもしますが。

我が家にもママの帰りを今か今かと待ちわびてくれている可愛い坊ちゃんがいるわけで(T_T)

実母がお散歩行ったりご飯食べさせたり、「お利口にしてるのでギリギリまで行ってきて!」とメールをくれたので、ランチの後再度病棟に寄って抱っこしてきました。


のっぴきならない用事があって、あんちゃんの調子がよくなってもレスパイト入院がもうちょっと続きますが、早く家族みんな揃いますように…

どんなに寝不足になっても、お世話が大変でもやっぱりみんな揃ってねんねして、朝を迎えたいなぁとあんちゃんの入院のたびに思います。


そして忘れちゃいけないもう一人の可愛い我が子、はっくん。

今年の七夕のお願い事は3つ!
・はしりがはやくなりますように。
・あたまがかしこくなりますように。
・ジュウオウジャーになれますように。

欲張り~(笑)
一枚の短冊に3つ書かされました(^_^;)

寝る前、「もうおねがいごとかなったかな?あしたのあさためしにはやくなったかはしってみるわ!」とうきうき(笑)
「はっくんもうかしこいけど、もっとかしこくなったかな?」と恥ずかしいこと言うて寝ました(笑)




いつも応援ありがとうございます!!
↓ますますコアラをポチッと応援していただけると嬉しいです!

コメントもとっても嬉しいです!


にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村



人気ブログランキング 障がい児育児へ





スポンサーサイト