あんちゃんのペース☆

きょうのひまわりはおさんぽだって~♪( ´▽`)


と、帽子を準備しひまわり教室に意気揚々と出かけたんですが…


ひまわりについてからあんちゃんなぜか泣く泣く(T_T)

抱っこしてもらってもなく、ママがコーヒーカップという遊びで抱っこしながらくるくる回ったらもっと泣く( ꒪⌓꒪)

その後何しても泣いたあんちゃん。

おさんぽいく前に寝た(^_^;)

泣いた理由は
1.眠かった
2.発作
3.どこか痛かった
4.体調不良

3.以外全て当てはまりそうですが(^_^;)

右に引っ張られるのが増えだしたかも~と思いながら、お当番をするあんちゃんを後ろで見守っていました。


それでもちょっと寝たらお散歩に出発!!

ゴムつきの可愛い赤帽貸してもらった~♪( ´▽`)


変な顔しか撮れなかったけど(笑)



バギーでお外に出かけると、ピンピンのバタバタ発作もどきが出るので、バギーには乗れず宝の持ち腐れ(T_T)
先生に抱っこしてもらうというVIP待遇。

重たいのに~申し訳なさすぎです( ꒪⌓꒪)


あんちゃんたちの療育中、ママたちはママたちで親同士が話すんやけど、いつも臨床心理士の先生も一緒に話をします。

お友達のママさんが、今日言ってました。
「私はこの子に何かしてもらったら、いつもありがとうございます~も言うけど、申し訳ありません~とも言ってしまう。ある人に申し訳ありませんは言わないほうがいいって言われた。子どもが自分は申し訳ない存在なんだって思ってしまうよって。」と。

それを聞いた臨床心理士の先生も、「ほんとにその通りよ。どんなに医学が進歩しても病気とか障害とかって絶対になくならないんやから。それがたまたま自分の子達だったってだけやから。いばる必要はないけど、必要以上にへり下る必要もないと思う。誰かに遠慮してとか迷惑だからとかじゃなくこの子たちが笑って楽しく生きられる道を選んでほしい。」って言ってくれました。

臨床心理士の先生、涙ながらに話してくれた。

ちょうど眠くてくずってたこっちゃんをあやしながら、ママもバレないように涙を拭う(T_T)

お友達のママさんは、就学前で就学先を決めるのに悩む時期だし、ママもあんちゃんの就園で悩む時期。

普通学校なら迷惑なのかな、とか私立の保育園は迷惑なのかな、とかもちろん悩む。

あんちゃんが保育園に入ろうとするだけで、加配の保育士や看護師の配置や、健常な子よりいろんなサポートが必要になります。

あんちゃんのために、人や物やお金がたくさん動く。
それを当たり前だと主張するのはやっぱり違うんじゃないかと思う。

でも、臨床心理士の先生が言ってくださったように、親としてあんちゃんが笑って楽しく生きられるようにしてあげたいとも思う。

たった二年間今まで生きてきた中でもほんっとにたくさんの人からたくさんの優しさを受けてあんちゃんは生きてきました。

今日ママさんや先生たちと話して、これからは「すいません」じゃなく「ありがとうございます」をたくさん伝えていきたいなと思いました。

あんちゃんが今してもらっているサポート、たくさんの優しさを当たり前だと思わず感謝の気持ちを忘れず毎日暮らそう。

そんなことを、いい天気の中ひまわりからおうちまで運転しながら考えるのでした。

なんか、ちょっと疲れてたママの心が元気になったひまわり教室でした♪( ´▽`)


おれもひまわりいったじぇ!!…じゃましに(笑)







いつも応援ありがとうございます!!
↓ますますコアラをポチッと応援していただけると嬉しいです!

コメントもとっても嬉しいです!


にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村



人気ブログランキング 障がい児育児へ





スポンサーサイト