あんちゃんのペース☆

あんちゃん、二歳になりました!!

お誕生日おめでとう!

あれから二年。
まさか同じ病室で迎えるとは(^_^;)


胃ろうのオペを決めた時から、お誕生日は一緒に過ごせないとわかっていました。
ごめんね、あんちゃん。

二年前、ちょうどお昼ご飯を食べた後ベッドでゴロンとしてたらお腹がおかしくなって、そこからママとあんちゃん、家族の人生が変わりました。

二年間、いろんなことがあったけど、一歳までより一歳から二歳までの一年間のほうがおうちで過ごせる時間が増えました。
肺炎になる回数が減りました。
ひまわり教室のうさぎ組というあんちゃんの居場所ができました。
初めての全身麻酔のオペを乗り越えました。
もしかしたら笑ってる?と思うことが増えました。

普段、普通の子と比べたりしないけど、こーゆー節目にはわかっていても(あ、あんちゃんてやっぱりずっと寝たきりなんやなー)って改めて実感したりします。

それでもたくさんたくさん成長したり頑張ったことがあるね。

あの日、助けてもらって本当によかったのかとか、あんちゃんは幸せなのかとかいろいろ考えてきたけど、二年経って確実に幸せのパーセンテージは上昇していると思います。

それが最近のあんちゃんの「もしかして笑ってる!?」に現れている気がします。


今日は、ママとあんちゃんは離ればなれだけど、ばばがあんちゃんのところに行ってくれました。

ママからのプレゼントはスクラップブッキング!


あんちゃんの可愛い写真と、パパママはっくんからだけじゃなく、じじばば実母からもメッセージを書いてもらって貼っています。

ばばが持って行ってベッドサイドに飾ってくれました。



そして、なんとあんちゃんの病棟のスタッフからもお歌とカードのプレゼント!



スタッフと記念撮影!
あんちゃんよかったね。



Hくんからもプレゼントをいただいたみたいで…ありがとう!


離れて過ごすママの元にもプレゼントが届きました。

先日ブログにも書いたママが大好きな助産師さん。
朝イチで来てくれて、こーんなステキなプレゼントくれました。



あんちゃんのあいうえお作文。

朝から泣きました(T_T)

一人感動し、幸せをかみしめていたら…
婦長さんやあの時助けてくれたスタッフの方たちがママのベッドサイドに来てくれました。

あんちゃんにカードのプレゼント!


そして、寄せ書き!


今お世話になっている産婦人科病棟の婦長さん、あんちゃんがお世話になる小児科の婦長さん、毎日回って来てくれる産婦人科で一番偉いドクター、今はいないあんちゃんの出産の時の主治医の先生、あんちゃんのことを助けてくれたナース、そしてなぜかパパ(笑)

ママのとこにもプレゼントがいただけるなんて思ってなかったなぁ~。
本当にありがたいです。


午前中は同じ妊婦のYちゃん、昼からはお向かいのMちゃんがたっくさんの差し入れと共にお見舞いにきてくれて、ママもとっても楽しい誕生日になりました。


あんちゃんのママになれてまだ二年やけど、あんちゃんを通じてお友達が増え、人の優しさをたくさん感じ、ママの人生は豊かになりました。

あんちゃんはまだまだしんどいことばっかりやん~!って思ってるかもしれないけど、二歳は楽しいことたくさんの一年にしようね。

あんちゃんの笑顔がたくさん増えますように。


二年前の今日があんちゃんが一番しんどかった日。
これからはどんどんしんどいことが減っていきますように…




いつも応援ありがとうございます!!
↓ますますコアラをポチッと応援していただけると嬉しいです!

コメントもとっても嬉しいです!


にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村



人気ブログランキング 障がい児育児へ




スポンサーサイト