あんちゃんのペース☆

「今日も行けるしあんちゃんのとこ昼から行ってくるわ!」とばばが今日も病院に行ってくれました~!

なんとフットワークの軽い!
ありがたいことです。

あんちゃん落ち着いてるみたいやけど、やっぱり様子が気になるし。

この先一ヶ月は会えないのか~とママはさみしくて(T_T)

ばばが「写真撮ってきたろ!」と言ってくれたけど、ミラーレスの充電がなくて今日はビデオを撮ってきてくれました。

ちょうどPTさんが来てくれてるところ撮ってくれてるー!
リハビリのオーダーお願いしたらさっそく来てもらえてありがたいなぁ。

個室いる?と思ってたら案の定もう大部屋にいました(笑)


あんちゃんは落ち着いていて、ばばが面会に行ってくれていて特に心配はなし。

はっくんは、ママ来週から入院するんよって説明してるけど今んとこ「うんわかった~!」と理解良好。
多分実際いなくなってから夜寝るときに泣く(^_^;)

「ママもうあしたからにゅういんするん?」と時々さみしそうに確認したりはするけど(T_T)

ママは今日も本屋で大量に本を買ったり、病院で洗濯できるように小さい洗剤買ったりと準備は順調。


確実に管理入院が近づく中、今なにが心配って、あんちゃんのレスパイトです。


今は胃瘻のオペ後として入院中。
オペの一ヶ月後、すなわち9月の頭には胃瘻のチューブをボタン式に変更して、それで胃瘻のオペ後としての入院はひと段落します。

しかし、ママの出産はおそらく9月半ば。(まだ決まってない。)

一応病院の決まりとしては、出産レスパイトは二週間。

ママはこの出産レスパイトを産後に当てたいわけです。
産後しんどいから。

そうなると、9月頭に胃瘻のオペ入院が終わって退院できるよってなってから、9月半ばのママの出産まではどうするの!?となります。

そこに出産レスパイトを当てちゃうと産後に使えない。

そこでママは、胃瘻のオペ入院が終わったら、そこから出産前後にママが管理入院する地元の病院にあんちゃんもレスパイトしようかなーと漠然と考えていたのですが。

先生や婦長さんとばばが話し合ってくれて、ばばがママの意向を伝えてくれて、大体のことが決まりました。


胃瘻のチューブをボタン式に変更した時点であんちゃんの状態が落ち着いていたら、そこから出産直前までは地元の病院でレスパイト。

出産直前になったらまた小児専門病院でレスパイトをして、そこは二週間かと言わず10月半ばまでとか融通はきくとのことだそうです。

ややこし~!!


あんちゃんには移動を強いることになりますが、ママのいる病院で一緒にレスパイトできるならママは嬉しい。

あんちゃんの移動のためにパパに仕事休んでもらう必要はでてきますが。


そして何より、せっかく異例で受け入れてくれると言ってくれた地元の病院を利用したほうがこれからの後輩のためにもなる、と。

確かに。


いろんなところでレスパイトして何とか出産後しばらく預かってもらえるならこんなありがたい話はありません。

恐らく産後ママの体力は地に落ちているので(^_^;)



…とまぁ、医療ケアの必要な子を持つと預け先にも本当に悩むことがたくさんあるんだなぁと思いました。

でも預け先があるだけありがたいです。

どちらの病院も、親身になって協力していただけて、本当に感謝です。


順調に経過して、ママの入院してる病院にあんちゃんが来てくれる日が待ち遠しいなー。



と、今日は写真もないママの覚え書きでした(^_^;)
自分で書いててもややこしいわ(^_^;)





いつも応援ありがとうございます!!
↓ますますコアラをポチッと応援していただけると嬉しいです!

コメントもとっても嬉しいです!


にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村



人気ブログランキング 障がい児育児へ



スポンサーサイト