あんちゃんのペース☆

「きょうはな、いっかいだけないたんよ!おともだちとな、かくら(カプラって木の積み木みたいなおもちゃのこと)やってたのしかった!」
「はっくんだけすいとうないからな、せんせいのコップでおちゃもらったんよ。あしたはちゃんとしてな。」

「はぁ~ほいくえんのあとはやっぱアイスだよな~!」


とバスを降りるなり何やって来たかマシンガントークしてくれるはっくん(笑)

帰るなりアイスとかやめてよ~(^_^;)

しかし、どやった?どやった?て質問攻めにしたらあかんなーと思ってたけど、自ら話してくれて嬉しいわー。

水筒に関しては、新入園児はおやつ食べてるからいる、とかそんな連絡なかったし~(^_^;)
申し訳ない。

しかし、バスに乗る時は泣かないし、保育園に着いて泣くことも回数は減っているみたいで何よりです。

ちなみに、こーんな田舎道をバスがやってきます(笑)
このバスは帰りのちっちゃいバス。


このところの寒の戻りでママはくっそ寒い田んぼのど真ん中で待っています(^_^;)


思ったより順調なはっくんの新生活。
明日からは給食!
やれやれやっと!

明後日からはあんちゃんも療育という社会進出!


そして、ママの家族にも新たな新生活を始める人が。

ママが三姉妹の真ん中なのは以前にも書きましたが、ママと同じナースをしていたお姉ちゃん。

自営業のおうちに嫁いで、ナースを一旦やめていましたがこの4月から、なんと特別支援学校の学校看護師として働くことになったそうです!

週一回だけでもいいから!と頼まれて、自分んちの仕事プラス週一回勤務するそうです。

特別支援学校の看護師の仕事と言えば、医療ケアの必要な子のお世話。

吸引、吸入に加え、お昼は注入の嵐で看護師は昼食とる暇もないそうです。

今回のお姉ちゃんの就職は、あんちゃんの関係者からお話がいったわけでもなく、将来あんちゃんが通うであろう支援学校でもありません。

それでもこの話をいただいた時、お姉ちゃんとお姉ちゃんの旦那さんは「将来的にあんちゃんのためになるかもしれない。自分たちも障害に対する知識が深められる」と決断してくれたようでした。


学校看護師がいないと困る子供たちがたくさんいるもんね。
そーゆー意味でも妹という立場よりも完全にあんちゃんの親目線でぜひぜひ働いてください!と応援しました(笑)

看護の短大に行ってた頃も、看護師として働いてからも、特別支援学校に勤務する看護師なんて存在知らなかったし、もしあんちゃんがいなかったらずっと知らなかったかもしれない。

たとえ知ってても自分には関係ないわ、って思ってたかもしれないし、どんな仕事なんか意識しなかったかもしれない。

それが今やあんちゃんの人生やママの社会復帰まで左右するかもしれない素晴らしい存在。

それがあんちゃんとは全然関係ないルートでお姉ちゃんに話がくるなんて、人生って不思議やなぁ~。



そして、改めてあんちゃんやママたち家族はいろんな人の手助けの上に生きていられることや、あんちゃんの周りにはたくさんの応援団がいることを実感しました。

医療者や支援学校の教師の家族や、
医療者のお友達や、
福祉関係のお友達、
同じようにハンデがあっても頑張るお友達、
障害児育児の先輩や、
ブログで知り合った全国の仲間。

そこに新たに支援学校の看護師が仲間入りです!


一番の応援団は、「あんちゃんばんばれ!あんちゃんばんばれ!」とうつ伏せの練習中応援してくれるはっくんです(笑)


あんちゃんうつ伏せ大好きだったのに、入院してピンピンになってから泣きます(T_T)
もう緊張落ち着いてるのになぁ。

でも、基本めっちゃ穏やか!
もう寝顔が可愛くて可愛くて。


抱っこしながらついにやけてしまうくらい(笑)

壮絶なACTHの後やっと手に入れた幸せです。
こんなあんちゃんがずっと続いてくれたらほんまもうそれだけで幸せやなぁ、ってパパと話すくらいです。



いつも応援ありがとうございます!!
↓ますますコアラをポチッと応援していただけると嬉しいです!

コメントもとっても嬉しいです!


にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村



人気ブログランキング 障がい児育児へ
スポンサーサイト