あんちゃんのペース☆

はっくんの保育園。
明日が卒園式です。

はっくんは明日の卒園式も参加はしますが、今日の保育をもって退園する退園児です。

今日は退園児のために修了式が行われ、修了証書をいただいてきました。
退園児ははっくんだけなので、はっくんのための式です(笑)


こんな立派な保育証書をもらってきました。


こんな冊子までお迎えの時間までに作ってもらって。



ちゃんとはい!と返事して、もらったらありがとう!と言えました。



一年七ヶ月通った保育園。

先日、保育園の先生から保育証書を作るのにいつから入園したかわかったら教えてほしいと言われ、調べたらなんとあんちゃんが生まれた日に入園していたことがわかりました。

その前からママは切迫で入院していたし、当日も午前中の慣らし保育が終わってママのお見舞いに来てくれた時にはママはもうお腹が痛くて、あれよあれよと言う間にオペ室へ。

はっくんに初めての保育園がどうだったか話を聞いてあげることも、ろくに入園準備もしてあげられないままの入園だったのでした。

初めての保育園で疲れた上に、ママは緊急オペになり、大人もバタバタでずっと病院にいたはっくんは、妹がもって来てくれたマクドのポテトをアホほど食べてばばに抱っこされたままゲロったという壮絶な思い出があります。

はっくんもよっぽど記憶に残っているのか、時々「ママのびょういんではっくんポテトたべてゲーでたなー!」と思い出したように言います(^_^;)


そんな始まりだった保育園生活。


赤ちゃん返りではじめはずっと離れる時泣いてたし、あんちゃんが健康だったら保育園に入れることもなかったのに、という罪悪感。

それでもばばにあんちゃんを見てもらいながら往復30分弱の道のりを通い続けました。

遠かったけど、登園する車の中ははっくんと二人きりでゆっくり話せる時間、その帰り道やお迎えに行く道は一人きりであんちゃんの障害のこと、家族のこと、じっくり考え涙を流せる貴重な時間だったと思います。

先生がはっくんを上手に持ち上げてくれて本当に楽しく通えるようになったし、勇気を出してお迎えにあんちゃんを連れて行った時は先生がたくさん出てきて可愛がってくれたし、今のはっくんや我が家が笑って暮らせるようになったのはこの保育園のおかげです。


そんな感謝の思いを、昨日お手紙に書いて先生に渡しました。

そしたら今日お迎えに行った時、先生がみんな出てきてくれて、「お母さん~手紙ありがとう。みんなで泣きながら読んだ~何回読んでも泣ける」と。
先生もママももう号泣(T_T)

園長先生はお返事まで書いてくださっていました。


はっくん、おめでとう。
たくさんお友達ができたね。
きっと新しい保育園でもたくさんお友達ができるはず。

どうか泣かずに楽しく通えますように。


たった一年七ヶ月通っただけやけど、時期が時期なだけにママは泣かずに退園は無理でした(T_T)
はっくんよりママのほうがさみしいのでした(^_^;)

明日の卒園式では卒園児さんのために一生懸命歌ってきてね!


ちなみにあんちゃんは、今日は脳波を頑張りました。
目がキョロキョロ動くのが発作かどうかを調べてくれました。
途中で寝ちゃったけど(^_^;)

ネブライザーもがんばりました。


いつも6人部屋には5~6人とほぼ満床なのに他のママさんとは時間帯が違うのかほとんど会えず。

今日はお隣のボーイのところにママが来られたので初めてゆっくり話すことができて、充実した面会時間でした。

たった一歳半のあんちゃんがお部屋の中の最年長。
我が子の障害を宣告されたてほやほやのママさんが多いみたいです。

またお隣のママさんとお話できたらいいなー。






いつも応援ありがとうございます!!
↓ますますコアラをポチッと応援していただけると嬉しいです!

コメントもとっても嬉しいです!


にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村



人気ブログランキング 障がい児育児へ










スポンサーサイト