あんちゃんのペース☆

いよいよACTHの始まりです。

ACTHは、コートロシンZという副腎皮質刺激ホルモン製剤を注射するのです。

初めの二週間は毎日投与。
その後は隔日投与。

あんちゃん今日から毎日注射です。

病室に入ったら今日はいつもあんちゃんかわいいかわいいって言ってくれる仲良し看護師さんが担当で、お風呂上がりのあんちゃんを「ジャリンコチエみたいにちょんまげにしといたー!」とちょんまげにしてくれました(笑)



可愛いけど…ジャリンコチエってまたえらい懐かしい(笑)


看護師さんともう一人小児科の先生と、主治医の先生とママの四人に見守られながらの初回注射、なんと…泣かなかった(^_^;)

いやいや、シナジスとかギャン泣きしてますやん!(シナジスは0.9ccとか大量を筋肉注射するから)

コートロシンは少ない量だからか、刺される時も、薬入れるときも微動だにせず(笑)

「かえって泣かへんほうが心配になるわ!」てママが心配してたら

「採血の時はずっと泣いてたよねぇ~」って主治医の先生にフォローされました(^_^;)

さて、発作がどうなるか。
副作用がどうなるかが気になるところ。

でも今日はそんないきなり副作用も出ないだろうし、寝てるすきにリハビリに来てたKちゃんのママとランチして、昼からは脳波に付き合って、あっという間に面会時間が終わりました。

Kちゃんのママに、入院頑張れ!ってプレゼントもらったし~♪( ´▽`)
ラルフよ、ラルフ!
お嬢様よ!


もう~申し訳ない~こんなかわゆい服もらって。
ありがとう!入院頑張る!


脳波中。
トリクロなしでも自然に入眠して脳波をこなすあたりさすが脳波常連(笑)



脳波が終わってクリームでコテコテの頭を洗ったり遅れたミルクしたりしてたらもう出発しないとはっくんのお迎えが遅れちゃう…

でも今日の担当は本当に優しい看護師さんで、「ママ帰ってー。あんちゃんあたしが抱っこしてるし。なーあんちゃん遊ぼなー。」って言ってくれて、いつも寝てからじゃないと帰り辛いし、後ろ髪ひかれながら帰るんやけど、今日は安心して任せて帰れました。

言葉かけって大事…

言葉かけだけじゃなくて、大事な子どもを預けてる病院。
家族と同じようにとはいかなくても、それくらいの気持ちで可愛がってくれる人がいると思うことは母の大きな安心につながります。

泣いてもほっとかれてたらどうしよう。とかあんまり泣いたらあ~うるさ!とか思われたりするのかなぁとか、自分のことを棚に上げてあんちゃんが病院で可愛がられていることを願いながらママもおうちに帰るのです。

これが副作用で不機嫌になり、緊張が強まるとますます後ろ髪ひかれながら帰ることになり、どうかピンピンのままほっとかれませんように…と祈るような気持ちになるのです。

副作用、どうかお手柔らかに…


そして、母も久しぶりの往復三時間の病院通いはなかなか疲労します。

それを見ているかのように、お向かいのMちゃんからの夕ご飯差し入れ!

パパのいとこひろくん登場ではっくんは喜び、みんなでご飯食べてママは楽。

みんなのおかげで入院生活も頑張れそうです。
何より一番頑張ってるのはあんちゃんだからね。ママも負けずに頑張ります~。





いつも応援ありがとうございます!!
↓ますますコアラをポチッと応援していただけると嬉しいです!

コメントもとっても嬉しいです!


にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村



人気ブログランキング 障がい児育児へ


スポンサーサイト