あんちゃんのペース☆

今日はあんちゃんリハビリはじめ~

久々の朝のドタバタでママのカバン忘れて戻るわ、そのあともあんちゃんのマスク忘れし保険証も忘れるしのバカっぷりでした(T_T)

リハビリでは…PTさんにもOTさんにも鼻チューブのテープを笑われる(笑)


漢字って…と失笑(笑)

PTではダーリンの見学の元頑張りました!

あんたなにないてるんやいな。


隣で泣いてたら、うるさそうにするあんちゃん(^_^;)
わかるのかね~。

OTでは、OTさんちのお正月はどんなのかを聞いたり、あんちゃんちのお正月を報告したり。

大掃除頑張りすぎてあんちゃん放置でした…と報告してたら案の定、肩甲骨あたりの筋肉がよろしくないみたいで(T_T)

「またおうちでのマッサージ頑張っていきましょう。」と言われました。
ごめん、あんちゃん(T_T)
またおうちで頑張ろうね。


ダーリンとランチした後は去年からずっと待っていた小児外科の診察。

胃ろうへの第一歩です。

ちょうど半年ほど前に外科の診察を受けて、造影検査をしたら逆流があってEDチューブに変更して以来です。

もともとゴロゴロが多い子だけど、EDチューブが太いからゴロゴロが増えた気もしている。

ミルクが出てくるような嘔吐をしたことはない。

筋緊張は今そんな強くはない。

こんなようなことをママは話しました。

外科の先生からは、ママの話を聞いているとゴロゴロの原因は逆流というよりもチューブが入っていること自体という感じもする。
EDチューブにした時は確かに逆流はしてたけど、緊張も落ち着いてるからその時だけだったということも考えられる。


で、結論。

とりあえず、一泊入院でpHモニターの検査をして詳しく逆流の様子を調べましょう。

もし逆流がないのなら、単純に胃ろうだけ作る。この場合いつもの小児専門病院でのオペが可能。

逆流があるなら、胃ろうプラス噴門形成のオペ。この場合、大学病院などを紹介。

となりました。


ただ、噴門形成となった場合、あんちゃんの体重は6.5kgほど。
噴門形成を腹腔鏡でやるには小さいかも…と言われました(T_T)

開腹は傷がでかくなるしなぁ。

後々噴門形成の必要性が出てくる可能性を考えると一緒にやってしまいたい気もするしー。

いろいろ悩ましいけど、とりあえずpHモニター。
一歩進みました。

ママもまだよくわかってませんが、pHモニター。
簡単に言うと胃と食道に鼻からセンサーのついたカテーテルを入れて、24時間pHを測定し、逆流をみる検査。

胃液は酸性なので食道のpHをみて逆流がわかるというもの。

多分こんな感じかな。


最後は主治医の先生の診察。

ビクってなる発作が多いし、動きもダイナミック。すごい力が入るし重責しないか気になる。と報告し、イーケプラが増量になりました。

200mg→300mg。


マシになるといいなぁ~。

そして、ママ忘れてたんだけど。
今日はEDチューブの入れ替えの日でした~!

先生めっちゃ上手に入れてくれたからすぐ終わった!よかった!
残念ながら「賀正シール」は剥がされました…(^_^;)


全てが終わり、ガソリン入れて、院外処方もらって帰ったらもう17時…

フルタイムで仕事してるかのような長い一日でした…
はっくんのお迎えは間に合わなかったのでばばがいってくれました。


なかなかハードなリハビリはじめだったなぁ~。
あんちゃんお疲れさま。
ママもいろんな人に言われたこと、書き留めとくだけで精一杯。

でも、リハビリも胃ろうも全てがあんちゃんのためになることだと信じて今年も頑張ろう!!

と、正月早々あんちゃんのためになることを一生懸命考えてくださっているたくさんの人に会って決意を新たにしたママでした~。

(後半、写メとる余裕もないほど…(^_^;))


あ、ちなみにはっくんはめっちゃ元気。
「昨日大変やったなぁ!もう気持ち悪くない?」とか、イクラの話したら思い出したくないのか無視するけど(^_^;)


いつも応援ありがとうございます!!
↓ますますコアラをポチッと応援していただけると嬉しいです!

コメントもとっても嬉しいです!


にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村



人気ブログランキング 障がい児育児へ




スポンサーサイト