あんちゃんのペース☆

今日は、地元の総合病院へ。
今日の目的は、シナジスの注射(RSウイルスの予防接種)と緊急時の対応についての相談。

ちゃっかり昼から予約して、当直明けのパパも誘って行きました!

前回二本予防接種したら、ヒクヒクなった経緯があるので先生方は非常に慎重でしたが…
何とか終了。
久々にあんちゃんの本気泣きを見ました(^_^;)

本気で嫌なことはめっちゃでかい声で泣けます。

耳も悪いし目も見えてないんやからそりゃいきなり何の合図もなく太ももに針ぶっさされたらそりゃびっくりで泣くよなぁ(T_T)

ごめんね、お疲れさま、あんちゃん。


で、本題はあんちゃんの緊急時の対応について。

あんちゃんが救急車を呼ぶなんて事態になる時は、恐らく発作が重責したとき。
発作が止まらなくてチアノーゼが出たり呼吸が止まったりする可能性があるのです。

書いてるだけでこわい~(T_T)

で、前にも書きましたが、あんちゃんの地域には同じような規模の病院が二つあって、仮にA病院(あんちゃんが生まれたママの働く病院)と、B病院(パパが働く病院)とすると、あんちゃんはずっとA病院にかかってるわけです。

しかし、小児科に関しては、夜間は輪番制で対応されています。
A病院→月、水、土、日の12時まで
B病院→火、木、金、日の12時以降


こんな風に曜日によってわけられていて、あんちゃんがもし、水曜の夜中に受診しなければなんてことになればいつものA病院で見てもらえますが、木曜の夜中受診しようと思うとB病院にしか小児科医がいないのでA病院では見てもらえないことになります。

B病院の小児科の方がやや規模が大きくて、重度心身障害児を特例で24時間いつでも対応するとしている例もあるみたいです。

反対にかつてのあんちゃんの主治医の先生は「あんちゃんは24時間A病院で対応する」と言ってくれてたようなので、あんちゃんはA病院で特例で対応してもらえるのか、それともB病院にもカルテを作成し、どちらの病院でも対応できるようにするのか、どうしたらいいのかを話し合いました。

もしA病院で特例としてもらえるなら、消防署などにも連絡して緊急時は輪番制関係なくA病院に運んでもらえるよう伝える必要も出てくるし。

ま、結果としてはそんな連絡の必要もなく、やはり当番の時以外は院内に小児科医がいないので対応できないということでした。

親としてはA病院で対応してもらいたかったというところが本音かなー。

パパは、カルテを作っておいたところでてんかんの薬なんかはめまぐるしく変わるからリアルタイムで最新の情報が伝わらないだろうし、ずっと通っててよくわかっているA病院で見てもらえたら、とあまり病院を増やしたくない旨を伝えてくれていましたが…

でも小児科医がいなかったら搬送しても助けてもらえないしね。

こればっかりは仕方ない。
「医師が少なくて…すいません…対応させてもらいたいのはやまやまなんですが…」とものすごーく申し訳なさそうに先生が謝ってくれたし(^_^;)

近々、紹介状を持ってB病院にカルテを作成しに行くこととなりました。

まぁどっちにしろ、対応が決まったのでママは安心です。
パパが当直で夜いない日もあるしね。
そんな日にあんちゃん状態悪くなったらママパニック~(T_T)

夜中に受診なんてことにならないよう祈るばかりです。


夕方はっくんをお迎えに行くと、ゴホゴホ咳…(T_T)
いや、朝からしてたけどね。
薬飲ませたけど、もうないし…

鼻水と咳以外はすこぶる元気で、あんちゃんがいなかったらほったらかしやったやろうけどあんちゃんに移るととんでもないことになるので急遽お薬をもらいに診療所へ。

RSじゃありませんように(T_T)

ゴホゴホしたらあんちゃん入院してしまうから近づいたらダメ!ってのを忠実に守っているはっくんです。

チュッチュするのはしばらく我慢ね。

今日はなんだかバタバタして写真撮るのを忘れていたので、最後にマヌケなはっくんでも。

洗濯物入れたりするゴムの柔らかいカゴの中に自ら入り、出られなくなって泣きわめく、の図(笑)
パパは見てるだけ(笑)



水曜日からまた大寒波らしいですが、今日はっくんをお迎えに行く時はいい景色が見られました。


明日は大寒波の前にリハビリだー!




いつも応援ありがとうございます!!
↓ますますコアラをポチッと応援していただけると嬉しいです!

コメントもとっても嬉しいです!


にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村



人気ブログランキング 障がい児育児へ




スポンサーサイト