あんちゃんのペース☆

あんちゃんとママはリハビリや通院の予定のない日ははっくんが9時に保育園に行って16時すぎに迎えに行くまで二人でまったりと過ごします。
そこにお友達が来てくれることもあれば、すこぶる調子と天気のいい日はお買い物に行ったりしていました。

あんちゃんは、生まれた頃から基本寝てばっかりの子です。

とにかく赤ちゃん返りのはっくん優先!と思っていたからあんちゃんが寝てくれているのは正直都合がよくて、たとえそれが脳のダメージが大きいからだとしても楽な子♪( ´▽`)って思ってました。

それが、緊張が強くなったり発作が出るようになったりで昼間も抱っこして何とか緊張和らげる…みたいな日々もあったけど、その後も薬の調整で基本よく寝ているし、起きていても泣くわけでもなく穏やかに目を開けてる時間もできるようになりました。

すなわち、ママはあんちゃんに翻弄されることがないんです。

はっくんの時もそうだったけど、理由もわからず泣き続けられることにものすごいストレスを感じるので(誰でもそうやろうけど、人一倍だと自分で思ってる(^_^;))短気なママは根気づよくあやし続けたりできそうにない…と自己分析しています。

だからあんちゃんが我が子でよかったぁ!なんて思う反面…

全てママ次第なところにプレッシャーを感じたりします。

あんちゃんのこと、抱っこしなかったらそのまま一日が終わる。
リハビリの先生に教えてもらったリハビリをしなくてもうつ伏せの練習しなくても、一日が終わる。

時間になったらミルクさえつなげばいい。
ママは好きな時間にお昼ご飯食べられる。
(だから痩せない)

あんちゃんだって人形じゃないので、夕ご飯の時間にあんちゃんが泣いてバタバタ、あんちゃん抱っこしながらはっくん食べさせて、みたいな時間もあるけど、どうしても何かしてくれ~みたいな訴えがほぼないあんちゃんのこと、どうしていいかわからない時期もありました。

ほんとは訴えてるかもわからんのに、それを読み取ろうともしていなかったんだと思います。

今よりもっと昔、寝てるあんちゃんになにするわけでもなくボーッと眺めてる自分。
リハビリもやる時間はいっぱいあるのにどうしても一生懸命できなくて、リハビリに行くたびに他人のPTさんがこんな一生懸命なのになんで自分はできないのか、と思ったこともありました。
発作のあんちゃんをただ見ているしかできない自分もいました。抱っこすら発作には効かないし、と思って。

朝晩はっくんの保育園送迎時に来てくれるばばのほうがあんちゃんを抱っこしてる時間が多い、そんな日もあったことは事実です。
でも受け入れきれてなかったあの頃は、必要なことを一生懸命やるだけで精いっぱいだった、と今は思う。


いろんな人のブログを読んで「日課のリハビリ」とか、「一日抱っこしてました。」なんて言葉を見つけてはほんとーにすごいな、とただただ尊敬していました。

そんな最低なママも、いつの頃からか、一日一回うつ伏せにしてみたり、暇があればお手手が広がるようモミモミしてみたり。

補聴器を付けて音楽をかけるのを日課にしたり、お友達が遊びに来てくれていても話しながらあんちゃんをなるべく触ったり。

少しずつ、あんちゃんにかける時間が増えてきているなと思います。
まだまだなんだろうけど。
ごっくんの練習なんてそれこそもっと真剣にやるべきなんだろうけど。

あんちゃんの体調を見ながら、できることを。
あんちゃんが寝てる間に、家事を。
起きたら声をかけて、抱っこして、少しでも刺激を。

そう思えるようになったこと、それを実行できるようになったことはママの中では成長だと自画自賛しています(^_^;)

抱っこしたら緊張が緩んだり、泣き止んだり。
この子はわかってると周りが言い続けてくれたり。
入院で離れて頑張る姿を見たり。
そんな日々の積み重ねのおかげ。

あんちゃん、こんなママでごめんね。

って、言うのは簡単なので、これからは態度で示していくからね。

周りの素晴らしい先輩ママさんたちに近づけるよう頑張るよ。


あんちゃん病み上がりだし、月曜から三日間何も予定入れずにあんちゃんと過ごす静かな昼下がり。
しみじみとこんなこと考えていましたとさ。


朝からはっくんはあんちゃんのお股に入って嬉しそうにしてて、癒して?くれました(笑)


あんちゃんもうつ伏せ頑張りました。
嫌だったみたいでポロリ涙が(笑)


いろいろ反省だらけだけど、あんちゃんのことは生まれた時からずっと可愛かったんだよ♪( ´▽`)
それだけはほんと。




いつも応援ありがとうございます!!
↓ますますコアラをポチッと応援していただけると嬉しいです!

コメントもとっても嬉しいです!


にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村



人気ブログランキング 障がい児育児へ




スポンサーサイト
あんちゃんが昨日、二階に寝に行っても発作でグズグズで寝られませんでした。
はっくんはいつもその横のベッドを飛び跳ねるか、パパと取っ組み合いをするかしていますが、いつもはそんなグズグズ言わず一番に寝るあんちゃんが泣いてるもんだから。

「あんちゃ~ん、なかんでいいよ~、はっくんもぱぱもママもみんないるよ~!」
「となりにはじじもばばもいるよ~!」
「H(市)にはばぁちゃんもいるよ~!」
「なーなー(ママの妹)もR子ちゃん(ママのお姉ちゃん)もいるよ~!」
「みんないるからなかんでいいもんな?」

とあんちゃんを励ましママに同意を求め、励ましたぞ~とドヤ顔のはっくん(笑)

なぜか寝るときはあんちゃんにめっちゃ優しいはっくんです。

一階で泣いてても無視か「ママ~あんちゃん泣いてる~」って報告するだけやのに(笑)

注入のポンプを持ってくれたり、吸引する時にスイッチオンの係をしてくれたり、はっくんなりに自分でもできるあんちゃんのお世話を一生懸命探してくれています。

もう、可愛いんだから♪( ´▽`)

保育園も、タッチ、ギュー、チューと一連のイチャイチャ行為をしたらスタスタ行けるようになりました!

先生の前でブチュー!するのはなかなか恥ずかしいです(笑)


あんちゃんのほうは、発作がもちろん気になりますが、どうもうまく動画がとれない…(T_T)

あ、始まった!と思ってカメラを構えたらちょっと弱まったり。
いやいやもっとしんどそうなんありますやん?

先生にアピりたいので何とか撮れるといいんだけど。

起きると目がまわってるあんちゃんやけど、穏やかにいられる大好きな時間があることに気づきました。

お風呂の時間です!

ぽか~と気持ち良さそうに浮いています。


いつもすんごい気持ち良さそうなの!

わたしおふろすきですねん。


貴重なお風呂ショット公開でした~!

はっくんもあんちゃんと入りたがります。

ママも気持ち良さそうなあんちゃんを見るのが嬉しくてお風呂の時間が楽しいです。

前は泣いたりしてたんやけど。
多分お湯が熱かったから(笑)

今は気持ちいいところやってわかって、湯船は緊張もとれてガチガチの肩周りの筋肉なんかも少しはほぐれたりするのかな。

パパも顔拭くついでにお口まわりのマッサージなんかをしてくれたりします。

あんちゃんの初めての娯楽かも、お風呂。

だからってホイホイと温泉行ったりできないけどね~(^_^;)
準備が大変やし。
あんちゃんはでかい風呂がいいわけでもないだろうし。

はっくんのスイミングはとなりに温泉があって、スイミング終わりにはっくんが入るのはタダなので、ママもあんちゃんも一緒に入るのもありかなーなんて思いましたが。

お湯の温度が調整できないし、あんちゃんには刺激が強すぎそうでまだ早いかな。

たとえおうちのお風呂でも、あんちゃんの好きなことが見つかるだけでママは嬉しいのでした。


ちなみに、昨日は感動して泣けるほどあんちゃんに素晴らしい励ましをしてくれたはっくん。

今日は「またあんちゃんないてるな~。ないてたらにゅういんしよっか。」やと!!

え!ってママがびっくりしたらニヤリとしてたから言うたらマズイことやったなとはわかってるみたいでしたが(^_^;)

ま、はっくんのお兄ちゃんぶりも一進一退ってことです。

お手伝いは進んでしてくれるし、おだてたらおだてただけ木に登る可愛い三歳児でした(笑)





いつも応援ありがとうございます!!
↓ますますコアラをポチッと応援していただけると嬉しいです!

コメントもとっても嬉しいです!


にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村



人気ブログランキング 障がい児育児へ