あんちゃんのペース☆

週末あんちゃんに会ったはっくんに、ねんねの前に聞いてみました。
あんちゃんに会ってどうやった?と。

「嬉しかった~!」

はい、100点!!


悩ましい休日でも書きましたが、病院が遠く、平日毎日保育園に行ってるはっくんが土日両方病院に通うことはしんどいだろうと、パパと話していました。

しかし、あんちゃんに会えたことをはっくんなりに喜んでくれているようでママはちょっとホッとしました。


また、昨日保育園に迎えに行ったら先生が知らない赤ちゃんを抱っこしていました。
一時預かりの赤ちゃんだったみたいですが、はっくんはその赤ちゃんにおもちゃを貸してあげたり遊んであげたりできたそうです。

今の保育園は0歳児がいなくて、一歳児クラスのはっくんたちが一番小さいのでお兄ちゃんぶりたいはっくんは赤ちゃんがいて嬉しかったのでしょう。

お兄ちゃんらしくなってきたはっくんでした!


はっくんとあんちゃん。
あんちゃんがお腹にいた頃は男の子のママにも女の子のママにもなれたし2人だけでいいか~、あんちゃん産んだら一年で仕事復帰しよかなーなんてのんきに考えてましたが。


やっぱり三人目がいた方がいいのかな、はっくんやあんちゃんに味方は少しでも多い方がいいんじゃないかな、と思ったりします。
もちろんまだまだ具体的になんて考えられるわけないですが。

しかもママは常位胎盤早期剥離になったので、次もそれになる可能性が普通の妊婦さんの10倍あがります。
そんなリスクを背負った上での出産となるので簡単に覚悟は決められないのでした。


今回、あんちゃんがこんなことになって育休も最長の3年とりました。


今後療育やらも通いたいし、この先も継続されるリハビリやらのことも考えるととても夜勤しながらのフルタイムは考えられません。

それでもばばがママの仕事復帰のために惜しみない努力をしてくれていること、デイサービスを経営しているのであんちゃんを預かってもらうのに市の制度を利用できることはママにとってこの上なく幸せなことなのでした。

来年には資格の更新もあるし、資格が無事更新できて。
ボチボチ仕事も復帰して。
あんちゃんが保育園に通えたり療育に通えたり、あんちゃんなりに生活のリズムがついて。
そしてその中ではっくんとあんちゃんに妹か弟ができたら。


ママはそんな風にだんだん未来のことを考えられるようになりました。

ママはあんちゃんはこんなまま長生きしたいって思ってないかもしれない。大人が勝手に助けただけかもしれないと思っていたので、あんちゃんがいる上での未来を考えられるようになったことはなかなかの進歩ではないでしょうか。

三人目のこと、兄弟児問題については賛否両論あると思うので簡単には結論出せませんが。

そして、3年前の今日、突然未来を奪われた方がたくさんいる中でこれからのことを考えられる自分は幸せなんだということを忘れてはいけないと思っています。


それでも今はまだ、療育てどうやって通い始められるんかな、とか保育園てほんまに入れるんかな、とかこの先がどうなるか見えないことが多く、それが心配のタネになっていることが多いので、早くそんな落ち着いた生活になればいいなーと思ったりするのでした。


あんちゃんがお姉ちゃんになるなんて、全く想像もつきませんが(笑)


そんなお姉ちゃんには程遠いあんちゃんですが、先ほど看護学生さんを引き連れて脳波から帰ってきました!

今日から看護学生さんがあんちゃんを受け持ってくれるらしく、先ほどママは同意書を書きました。
なんとママの母校です。
ママの時は三年制の短大で、今は4年制の大学なのですが。

この寝るか、起きてピンピンかのあんちゃんにどんなことしてくれるのか楽しみです(笑)
こんな反応薄い患児を選ぶなんて大丈夫なのかしら(^_^;)

今日も発作はないようですが、起きるとピンピンで、それはACTHによる空腹感からきてるのかもしれないということで、もしかしたらミルク増やすかも、らしいです。
腹減ってたまらんのはかわいそうなので、ぜひミルク足してあげてほしいなと思います。


きょうは、あたし、ねます。






いつも応援ありがとうございます。
↓ますますコアラをポチッと応援していただけると嬉しいです!
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト