あんちゃんのペース☆



今日のあんちゃんは側臥位でミルクです(笑)
コアラあんちゃんです。
なんでもコアラは一日のうち20時間くらい寝ているらしく、それをテレビで知ったとばばが教えてくれてから側臥位で寝まくってるあんちゃんはコアラにしか見えません(笑)

ランキングのバナーもコアラを選んだのはそーゆーわけでした!

はっくんのことはこの前書きましたが、あんちゃんがその他どんな家族に囲まれているのか書いてみたいと思います。

我が家は田舎にありがちな、敷地内に母屋と新居があります。
母屋にじじばば、新居にパパママ、はっくんあんちゃんが住んでいます。

まず、パパ。
パパはスーパーポジティブシンキングな人です。
あんちゃんのことでパパが泣いたのは一回だけでした。
アタマのMRの結果も職業柄画像を見ただけで相当悪いとわかったようですが、その時も泣かず。
その結果説明の次の日に面会に行ってあんちゃんの顔を見たら、「今まで大丈夫大丈夫って思ってたし言ってたけど、あんちゃんしんどかったんやなぁって思ったらすまんかったなぁと思って」と泣いていました。
でもその後はあんちゃんにできるだけの事をしてあげよう。
あんちゃんが一つでも生きがいのような、楽しいことを見つけてあげよう。っていつも言ってくれ、PTもSTも私より一生懸命してくれてます。
あんちゃんの障害をなんでこんなことになってしまったんやろう、とか障害がなかったらよかったのに、とかネガティブなこと言ったことない。
そこがすごいなーと思います。

このブログの題名もパパの
「あんちゃんのペースでぼちぼちいこうぜ!」
って口ぐせからとりました(笑)

あんちゃんのことでママが大変だろうと洗濯をしてくれるようになったり、あんちゃんのことを話し合ったりすることで会話が増えたり、ここにもあんちゃんが来てくれたメリットがたくさんあります!


じじ。
パパのお父さんです。
家の中で唯一医療関係者じゃないから、あんちゃんのことをうちの中でつい専門用語を使いながら話しがちなときも黙って聞いてくれてます。
田舎のおっちゃんやから、あんちゃんのこときっとなかなか受け入れられなかったやろうけど、毎日あんちゃんどうやーって来てくれます。
頭のMRの結果を伝えたとき、その時その時にできることをしていってあげればいい。って言ってくれたその言葉が今でも励みになってます。
基本は冗談ばっかり言ってるおもしろおじさんです(笑)

ばば。
ばばは元ナースで、今は小さいデイサービスを経営しているキャリアウーマンです。
小児科経験もあって、経管栄養もおてのものなので週末あんちゃんを預けてはっくんと買い物に行ったり、すごく助けてもらっています。
あんちゃんの障害の受け入れが一番早かった人かも。
PTを見学に来てくれ、そこで使ってるクッションを手作りしてくれたり、私が仕事に復帰できるようにあんちゃんを見るためにデイサービスを増築して障害児の日中一時預かりを立ち上げようとしてくれたり、ばばの協力なしには我が家の今はありません。
あんちゃんがNICUから帰ってくるまでに母屋のじじとばばとみんなで今後のことを話し合った時、みんな母親のあなたを一番心配してる、と泣いてくれた優しい人です。

嫁姑問題もなく、家族みんなを仲良しにしてくれたのもこれまたあんちゃんのおかげ。

その他、わたしの実家の家族は母が介護福祉士、姉が看護師、妹が小学校教師、妹の旦那が特別支援学校の教師と医療関係者と教育者だらけで理解者とアドバイザーがわんさかです(笑)

あんちゃんが生まれてから
「あなたたちなら育てられると思って選んできやったんやで」
と何度となく言われてきました。

それが腑に落ちるときと腑に落ちないときがあって、腑に落ちない時は、別に選ばれたくなんかなかったし!とか思うんやけど、でもほんまにあんちゃんが選んで来たのなら自分で言うのもなんやけどいい所選んだね~と思うのです(^_^;)

ま、助けてもらえる人や、話を聞いてくれる人がまわりにたくさんいて一人で抱え込まずに障害児のママができている私が一番
恵まれていることも自覚あります。

それでもこの恵まれた環境で、あんちゃんのこと一生懸命育ててあげよう!
ってなかなか思えなかったですけど(^_^;)

でもこの黒ーい感情も含めて私ですから!
障害児育児のいいとこだけ書いても参考にならないかも、やしありのままのダークな感情もちらちら見せながらあんちゃんとの生活を書いていけたらいいなーと思います。


↓ポチッと応援していただけると嬉しいです!
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト